2007年03月23日

 EHF-CL 06/07 SF 1st Leg

 日本ではプレーオフも終わり、日差しはすっかり春めいてきました。一方、朝の明るくなる時間がだんだんと早くなってきたという欧州では、今週末にサマータイム適用の時期へと入ります。去年も今頃でした、チャンピオンズリーグの準決勝!現地時間では23日、今日です!!
 確実ではないので何ともいいがたいところなのですが、このブログ右欄に画像入りでリンクをはっているEUROSPORT.DEでは、前回のようにオンラインライブが展開されるかもしれません。以下、ご覧になる手順です。クリックするとEUROSPORT・ハンドボールのページにジャンプします 
  1. 右の画像上でクリックし、EUROSPORT.DEのハンドボールページへジャンプします
  2. 該当ページの右欄に右の画像があるのですが、Ch.Leagueと記してある LIVE 部分を試合時間にクリックすると、放映中であればオンラインライブを視聴することができるかと思います。参考までに、[Frauen]は女子、[Halbfinale]は準決勝、の意です。
 オンライン&オンタイムで観ることができるといいですね!私は試合開催時間にPCを使える環境にいない可能性が高いので、ご覧になられた方、コメントくださると嬉しいです。なお、試合開始予定時間は以下の通りです。

フレンスブルク(ドイツ) 対 ヴァッラドリッド(スペイン)
第1節 3月23日19時45分(日本時間24日3時45分)

サン・アントニオ(スペイン) 対 キール(ドイツ)
第1節 3月25日16時(日本時間25日23時26日0時
posted by yuki at 02:45| Comment(11) | TrackBack(0) | EHF Champions League | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月30日

 EHF-CL 06/07 SF 2nd Leg

こちらをクリックするとEUROSPORT.DEのページにジャンプします もう週末ですね!深夜・・・2時には第2節がいよいよ行われ、月曜日の朝には決勝に進むチームが決まっています♪

サン・アントニオ(スペイン)対 
キール(ドイツ)
第2節 3月30日19時
 (日本時間31日2時

フレンスブルク(ドイツ)対
ヴァッラドリッド(スペイン)
第2節 4月1日19時
 (日本時間2日2時

<重要です!>こちらの画像をクリックし、LIVEにアクセスしても『Dieses Video ist aus ihrem Land leider nicht abrufbar』というメッセージが出るかと思います。そちらの国(この場合は日本のことです)からのアクセスではこのビデオは見ることができない、という内容のようです。しかし、[VOLLBILD]という部分(画面中央の帯状の部分)をクリックするとフルスクリーンでのLIVE映像をご覧になることができるかもしれません。私のPCでは可能なのですが・・・。
posted by yuki at 15:15| Comment(5) | TrackBack(0) | EHF Champions League | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月05日

 EHF-CL 06/07 FINAL!

 4月3日の抽選により、チャンピオンズリーグ決勝の開催は第1節がフレンスブルク、第2節がキールのホームとなりました。
 「第2節にホームゲームで戦えるのは嬉しい。怪我の問題を抱えている我々にとっては幸運です」とは、キールのUwe Schwenker氏のコメント。一方フレンスブルクのThorsten Storm氏は「今季、第2節をホームで戦ったことがない我々にとっては(ホームが第2節であろうとなかろうと)違いはないです。キールにも多くのフレンスブルクファンが来ると思いますし」と語っています。
 いよいよ今月末・・・そういえば今年の決勝の笛を吹くレフェリーカップルはどなたなのか、個人的にはこちらも気になっています。試合開始時間やオンライン視聴等の情報は、随時こちらの記事に加えていきます。
 
フレンスブルク(ドイツ) 対 キール(ドイツ)
第1節 4月22日17:30(日本時間23日0:30)〜 28-28
第2節 4月29日17:30(日本時間30日0:30)〜 27-29 → 55-57
キールが初優勝!おめでと〜う(Dさん)!!


<おまけ>歴代の優勝チームに関心のある方は以下のURLへ♪
 http://en.wikipedia.org/wiki/EHF_Champions_League
posted by yuki at 00:04| Comment(2) | TrackBack(0) | EHF Champions League | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月26日

 EHF-CL 07/08 Article #1-1/2

〜 2007年9月26日付EHFチャンピオンズリーグ・ホームページの記事より 〜

開幕戦:アデマール・レオン対ザグレブ・クロアチア・オシグランニェ

 昨シーズンを終えた土地でザグレブが再びヨーロッパの旅(=チャンピオンズリーグ等の欧州杯)を始めるとは、なかなか興味深い。ホームだったアデマール・レオンは、ザグレブからカップ・ウィナーズ・カップで決勝目前(=準決勝)の勝利を収めた。ザグレブは今回もレオンの同じ会場で対戦するが、チームはがらりと変わっている。

 ザグレブは今季、ピボット(=日本語ではポスト)のイゴル・ボリ、ライト・ウィングのミルザ・ジョンバ、さらにリノ・チェルバルが監督としてベンチ入りする。それぞれの持ち場では世界で指折りの3人だ。アソバル(=スペイン1部リーグ)でプレー経験のあるボリとジョンバは特に、相当な数の国際試合をこなしているだけでなく、スペインのチームと選手についても熟知しており、アデマール・レオンにとっては穏やかではない。

 「ザグレブは今季全く新しいチームとなり、強化されている。レオンは昨シーズンよりも若干力が落ちているように思うけれども、彼らがスペインで有数のチームであることには変わらない。たとえ(今回の)アウェイの試合を落としたとしても、今後の展開が大変になるというわけではないと思う。まだグループ(=予選ラウンド)試合の段階だからね」、バルセロナより移籍したポストのイゴル・ボリは、上記のように語った。
posted by yuki at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | EHF Champions League | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月27日

 EHF-CL 07/08 Article #1-2/2

ジョンバの試合見解
 「できるだけ長い時間帯を僅差で保ち続けること。そして最後の10分で勝ち越すことが、最も重要な点だと思う。アデマール・レオンは全体の60分間を同じリズムでプレーするので、うち崩すのが困難なチーム。一番気をつけたい選手はクラウス・ヤコブセン、彼を止めなきゃいけないね。(我々の)オフェンス面では、(相手チームの)素晴らしいゴールキーパーと共になされるアグレッシブな6−0ディフェンスに対処する方法を見つけなければいけない。多くの場合、ストラノフスキやクリヴォシィコフの速攻に繋がるから、特に注意して彼らの速攻を阻止するように心がけないと。もちろん、僕らの3-2-1ディフェンスも彼らにとっては容易なものではないと思うけれど・・・」、昨シーズンまでシウダー・レアルに属していたザグレブのライト・ウィング、ミルザ・ジョンバはこのように述べた。彼はアデマール・レオンの全選手をよく知っている。

兄弟対決
 アデマールに2名のクロアチア出身選手がいる。ミルコ・アリロヴィッチ(ゴールキーパー)とトンチ・ヴァルチッチ(バック・プレーヤー)である。彼らは相手チームにいる同じナショナルチームのメンバーと対戦することになる。出身国や愛国心を忘れて、ハンドボールのプロフェッショナルとしてあるべき姿にならなければならない。ザグレブのミドル・バックである弟のヨシップと戦うトンチ・ヴァルチッチにとっては特に、骨の折れる仕事であろう。

 この試合が見ごたえのあるものになるだろうと予想できるもうひとつの理由として、審判がウクライナのヴァレンティン・ヴァクラ&アレクサンドル・リウドヴィック組であることが挙げられる。彼らは文句なしに世界で最も優秀なレフェリーペアのひと組だ。試合は水曜日21時からレオンで行われ、レオンのカストリアとクロアチアのHTV2で放映される予定。
posted by yuki at 00:20| Comment(8) | TrackBack(0) | EHF Champions League | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月06日

 EHF-CL 07/08 カラバティッチ選手の負傷について 1/2

 昨シーズンのチャンピオンズリーグ王者・キールに所属のカラバティッチ選手が負傷。
 チャンピオンズリーグのグループ・マッチ、9月29日に行われた対モンペリエ戦でのこと。後半5分、モンペリエ所属・チュニジア出身のテイ選手と接触。

 「両足をつかんで、床に落とした*。許しがたいね」 (="床にたたきつけた"のような意)

と、彼は怒りをあらわにしている。また、その試合後、モンペリエの選手たちが彼に伝えた「故意じゃないから・・・」という言葉にも憤りを覚えた。

 「それが真実じゃないってことは、彼ら(=モンペリエの選手たち)がよくわかっているのだから。彼がとんでもない奴だってことは誰もが知ってることだよ、これについては断言できるね。こういうこと(=故意のファウル)で有名な選手なのさ」

 負傷は肩。手術は免れたものの、治療に5-6週、最悪の場合2ヶ月の見解。
 カラバティッチ選手はキールの主力選手だが、フランスナショナルチームにも所属し、1月には欧州選手権も控えている身である。

 ニコラ・カラバティッチ(通称:ニコ)は、1984年セルビア生まれ。
 彼の父は旧ユーゴのナショナルチームの一員。彼の生まれた年はフランスのストラスブルク所属。その当時はフランスと旧ユーゴを行き来していたが、1988年にフランスに移住。05年にキールに移籍する以前、プロとして始めた01/02シーズンから03/04シーズンまで、モンペリエに所属していた。

 <補足> 今回は複数の記事から私が独自にまとめました。次回はカラバティッチ選手負傷後のキールの動向について記します。
posted by yuki at 09:37| Comment(6) | TrackBack(0) | EHF Champions League | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月07日

 EHF-CL 07/08 カラバティッチ選手の負傷について 2/2

 カラバティッチ選手と同じポジションのイチャ選手(チェコ出身)も現在故障を抱えており、彼の負傷によりキールは厳しい状況に直面したが、シウダー・レアル所属のアレス・パヨビッチ選手(スロヴェニア出身)を一時的に借り入れる運びとなった。スペインにおける国外出身選手の規定により、シウダー・レアルのドイシェバエフ監督は開幕以来パヨビッチ選手を起用できずにいた。助っ人として彼は、キールにとってまさにうってつけの人材だったと言えよう。
 
 パヨビッチ選手の契約は、カラバティッチ選手とイチャ選手の復帰の目処が立っている11月まで。ブンデスリーガとジャーマン・カップのみに出場する。チャンピオンズ・リーグでは、ドイツとスペインはライバル関係にあるので、彼の出場を認めないことで両チームは合意に達した。

 カラバテッィチ選手の接触事故に関して、欧州ハンドボール連盟は、今回特別な措置(相手選手に対する処罰)を行わないことを明らかにしている。

<補足> 今回の記事も独自にまとめたものです。日を追って、アレス・パヨビッチ選手についての記事を載せる予定です。・・・すみません、諸々の事情により、パヨビッチ選手の記事は載せません(10月11日追記)。
posted by yuki at 00:14| Comment(4) | TrackBack(0) | EHF Champions League | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月14日

 EHF-CL 07/08 Hightlights, GM-Round4

 右欄に、ヨーロッパ・チャンピオンズリーグへショートカットする画像を貼りました。
クリックすると、ホームページへ飛びます。
 トップページの左上には現在、男子グループマッチ・ラウンド4のハイライトシーン
が流れています。是非ご覧になってみてください。
posted by yuki at 02:00| EHF Champions League | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月28日

 EHF-CL 07/08 Main Round

EHF0708_main.bmp

 EHFチャンピオンズリーグ・メインラウンドのグループ分けが決まりました。
 
 実はクロアチア・ザグレブ、強運と言わんばかりでメインラウンドに進みました
(この件については後日詳細を記します)。

 しかしまあ、ザグレブはグループ3・・・すごいです、このグループ。
 ポートランド・サン・アントニオには、バリッチ選手にドミニコビッチ選手、熊本に
来ていたGKのヴァルテル(マトシェビッチ選手)、クロアチア出身の3人がいます。
フレンスブルクにはラツコビッチ選手。ザグレブに当然多数のクロアチア(代表)
出身選手、ジョンバにソラさん、ボリ選手にカレブ選手にえっと・・・とにかく多数!
ハンブルグの代わりにシウダー・レアルかFCバルセロナがここに加わっていたら、
クロアチアの海外組が勢ぞろいでした!!

 ハンブルグのシュワルブ監督は、このグループを「まさに『ハンマー(=力強い
厳しい→つわもの。つわものぞろい、の意)』だ」と表現しています。
 抽選会場のウィーンに出向いたハンブルグのマネージメント・ディレクターも
「怪物揃いだね!」と語っています。そして、「観客に関しても同様(に怪物のよう)、
半端じゃないグループになるだろうね、特にスペインは・・・」と続けています。

 メインラウンドは、Euro08が終了した後、来年の2月上旬から3月にかけて
行われます。
posted by yuki at 01:08| Comment(2) | TrackBack(0) | EHF Champions League | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月29日

 EHF-CL 07/08 Highlights, Group Matches

 右欄にリンクを張っていますが、欧州チャンピオンズリーグのホームページの
トップ画面左上では、男子予選ラウンド(=グループマッチ)のハイライトシーン
を見ることができます。再生ボタンの三角の上でクリックすると、約3分に渡って
動画が流れます。かっこいいですよー♪
 ・・・と思ったら他のページに一旦飛ぶと、男子予選ラウンド6の動画になったり、
女子予選ラウンドの動画になったりすることもあるので、お目当てのものになる
まで何回か更新ボタンを押して、トライしてみてください。
 
 ご覧になった方はおわかりかと思いますが、男子予選ラウンドの総括とも言う
べきこの動画、数をキーワードに、96ゲーム、21カ国、32チーム、使用された
ボール・・・・個等々、ところどころで画面に文字と数字が表示されます。面白いと
思ったのは次に出てきた"branding and advertising material (=コート
の周りに出ている広告、くるくる回る巻紙みたいなもの)"が・・・・メートルでした。
さらには総観客数・・・・・・名に総ゴール・・・・以上、とにかく何もかものスケール
が大きいなと感じられる動画でした。

 是非是非ご覧になってください!
posted by yuki at 00:00| EHF Champions League | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月02日

 EHF-CL 07/08 Live & Videos

ehf-videologo.bmp 

 一昨年はあって去年はなかった、ヨーロッパ・ハンドボール連盟主催の
チャンピオンズリーグ・オンラインライブ、今年はあります!
 素晴らしいですね!・・・って、既に何試合かライブ放映がされているの
ですが、こちらからお伝えするのが遅くなりました。今までのものはビデオ
ギャラリーで見ることができます(上の画像をクリックしますと別ウィンドウ
で該当のページが開きます、是非ご利用ください)。ライブは時差の関係
で観戦は難しい時間帯ですので、ビデオがあるのは嬉しい限りですね♪


= オンラインライブはこちらから =  2008年3月5日更新
  ( ↑ ライブ開始時間以降に、文字上でクリックしてください )

  同時刻に2試合以上ある場合、このページでLIVEの選択
  ( ↑ 文字上でクリックすると、ライブ情報の確認ができます )

  現地時間3月16日18時 (日本時間3月17日2時)
   シウダッド・レアル 対 グンマースバッハ

  
現地時間3月16日17時30分 (日本時間3月17日1時30分)
   フレンスブルグ 対 ザグレブ

  
現地時間3月15日18時 (日本時間3月16日2時)
   ポートランド 対 ハンブルグ

  現地時間3月13日19時15分 (日本時間3月14日3時15分)
   キール 対 アデマール・レオン

  現地時間3月9日15時45分 (日本時間3月9日23時45分)
   【女子】 ズヴェジャ・ズヴェニゴロド 対 ヴィヴォルグ

  現地時間3月9日18時 (日本時間3月10日2時)
   ポートランド 対 ザグレブ

  現地時間3月8日16時30分 (日本時間3月9日0時30分)
   バルセロナ 対 スヴェンボルグ

 *現地時間3月2日18時 (日本時間3月3日2時)
   ザグレブ 対 ハンブルグ 
   → この試合はライブ放送はなく、試合終了後にビデオを見れる
     ようになるということです (日本時間3日4時以降の予定)

  現地時間3月2日17時30分 (日本時間3月3日1時30分)
   RKゴレニェ・ヴェレニェ 対 グンマースバッハ

  現地時間3月2日16時30分 (日本時間3月3日0時30分)
   フレンスブルグ 対 ポートランド

  現地時間3月1日17時 (日本時間3月2日1時)
   ツェリエ・ピボヴァルナ・ラシュコ 対 FCバルセロナ
posted by yuki at 00:56| Comment(4) | TrackBack(0) | EHF Champions League | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月07日

 EHF-CL 07/08 Article #2-1/2

〜 2008年3月4日付EHFチャンピオンズリーグ・ホームページの記事より 〜

「必ず復帰する」
 
   『悲劇』ほどスポーツでよく使われる言葉はないだろう。最後の1秒で
試合を落とす悲劇、得失点差の勝負で非常に重要な大会を終えなければ
ならない悲劇など…しかし、それらは本当の意味での悲劇とは程遠い。

 オレグ・ヴェリィキィ(HSVハンブルグのセンターバック)、彼は真の悲劇が
何たるかを知っている。ウクライナ生まれのヴェリィキィは、2003年に皮膚
ガンの診断を受けた。しかし彼は、決してあきらめることはなかった。

 1年近い治療の後、ガンとの闘いに勝ち、再び健康を取り戻したことを医師
から告げられた。その数ヵ月後、彼は(以前所属していたクラブの)トゥッセム
・エッセンでEHFカップの優勝を手にした。

 エッセンで資金上の問題が生じると、ライン・ネッカー・ルーウェンと契約。
ドイツ国籍も得た。新国籍で初めて参加した大会 −2005年世界選手権
チュニジア− それは、数々の故障を抱えるようになる始まりでもあった。
posted by yuki at 11:38 | TrackBack(0) | EHF Champions League | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月08日

 EHF-CL 07/08 Article #2-2/2

険しい道

 繰り返される靱帯の怪我で2006年の欧州選手権に出場することはできず、
治療に6ヶ月を費やした。2007年の世界選手権直前には、足の他の靱帯を
損傷し欠場。

 2008年、ヴェリィキィはノルウェーでの欧州選手権に高い志をもって臨んで
いた。調整期間中はドイツチーム内で彼がベストプレーヤーであったし、HSV
ハンブルグと新しい契約を結んだばかりだった。所属クラブの移籍は今季終了
後の予定だったが、その時期を早めることに両チームが合意していた。
 しかしノルウェーでは、初戦が開始されて4分のみの出場となってしまった。
再び襲った靱帯断裂により、チーム離脱を余儀なくされ、手術のために帰国し
なければならなかった。


過酷な告知

 それらの怪我の全てですら、彼が今受け入れている過酷な告知に比べたら
何でもないに等しい・・・ガンが再発したと診断されたのだ。所属クラブのHSV
ハンブルグによると、ヴェリィキィは先週手術を受け、現在はセラピーを始めて
いるとのことである。

 彼は信念を失うことなく、希望を強く持ち続けている。

  「自分の運命を怨んだりはしない。自分の人生をまだ前向きに見ているし、
  悲観的になってもいない。セラピーが全て順調に行けば、ハンドボールが
  できるようになるだろうと医師は言っているから。必ず復帰するよ」


ハンブルグのサポート

 ヴェリィキィの所属するハンブルグは、この知らせに衝撃を受けている。

  「まさに悲劇だ」とマルティン・シュワルブ監督。「オレグと彼の家族をできる
限りサポートしていくつもりだ」、代表のアンドレアス・ルドルフは付け加えた。
posted by yuki at 00:40 | TrackBack(0) | EHF Champions League | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月11日

 EHF-CL 07/08 MR Round 6 #1

 先週末から佳境に入っているヨーロッパ・ハンドボール連盟主催の
チャンピオンズリーグ(=CL)について記します。

 男子の場合、チャンピオンズリーグに参加できるのは40チーム。
 前大会優勝チームを含む上位24までにランキングされたチームは
Group Matches(=グループマッチ)General Round(=通常
ラウンド)
から参戦しますが、残り16チームはQualification Round
(=予選ラウンド)を戦わなくてはなりません。
 対戦はドローで決まった1チームのみ。ホーム&アウェイの2戦が
行われ、総得点の高い方が勝者(何度も記しましたが KO System
と呼ばれています)となり、グループマッチに進みます。

 グループマッチは32チームが各4チーム8グループに分かれます。
 同グループ内の3チームとホーム&アウェイの2試合(計6試合)を
行います。勝ち2、引き分け1、負け0というポイント制で、当然ながら
ポイントの高いチームが上位となりますが、ポイントが並んだ場合は
先日のアジア選手権と同様の規定で順位が決まります。
 本戦に進むのは8グループの上位2チーム、計16チームです。

 予選ラウンド → ランキング25位から40位までの16チーム
 グループマッチ → ランキング1位から24位までの24チーム
             + 予選ラウンドの勝者8チーム 計32チーム
 本戦ラウンド → グループマッチを勝ち抜いた16チーム

 今行われている本戦ラウンドは16チームが各4チーム4グループ
に分けられています。グループマッチ同様、グループ内の3チームと
ホーム&アウェイの2試合、計6試合を行います。Round 6というの
はそのラウンドの6試合め、つまり最終戦を意味しています。
 本戦ラウンドを通過できるのは、各グループ1チームのみ。
 「優勝まであとひと少し!」の準決勝に進む4チームが決まるのは
今週末です♪
posted by yuki at 09:26| Comment(0) | TrackBack(0) | EHF Champions League | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月12日

 EHF-CL 07/08 MR Round 6 #2

CL0708-R6.bmp

 チャンピオンズリーグ(以下CL)の現在までの結果です。
 
 MATCHESの下は『T=全試合数 W=勝ち試合数 D=引き分け試合数
L=負け試合数』で、Goalsの『左は得点数 右は失点数』、( )で記されて
いるDIFFは『全試合の得失点差』、最後のPTSは先日記した通り、勝ち2、
引き分け1、負け0から計算されたポイント数のことです。   

 CLは基本的にホーム&アウェイでの2試合を行うことから、メインラウンド
6試合中、ホームの3試合を絶対に落とさないことが1位通過への必須条件
とも言えます。順位決定の最初の基準であるポイントを稼ぐために、ホーム
の試合は絶対に勝つ必要があります。アウェイの試合は長距離移動の場合
もあり、会場練習も試合前日の1回(これも現地入りが夜遅くなるとできない
ことがあります)、当日試合前の1回で、多くて2回です。移動や練習面では
日本と同じような条件かもしれません(CLの場合はです。国内リーグや下位
リーグになると移動は試合当日行われ、会場練習は試合前だけということも
多いそうです)が最も違う点は、会場に足を運ぶホームコート・サポーターの
『圧力にも近い応援』だと思います。
 チャンピオンズリーグ程の試合になるとチケットが完売することも多いです。
ラウンドが終了に近付いてくると、特に、です。ザグレブでは収容数を超えた
チケットを販売してしまって、会場に入れなかったサポーターもいたそうです。
先日のハンブルグ対フレンスブルグの試合では、カラーライン・アリーナに
12900人が集まりました。それだけ多くの人々のほぼ全員がホームチーム
を応援していて、アウェイチームの攻撃の際にはブーイングの嵐となります。

 相手チームとの実力が拮抗している場合、ホームで確実に勝ち、得点を
できる限り稼ぐ、それらが非常に重要だと私は思っています。それにはもう
ひとつ大きな理由がありますが、後記します。

 グループ3以外のチームについてですが・・・
 1位から4位まで8・6・4・2とポイント数が同じです。
 残り試合が1、現時点でグループ1・2・4の下位2チームの準決勝進出
は閉ざされました。最後の試合に勝って2ポイントを得たとしても、現在の
首位の8ポイントには及ばないからです。
 準決勝進出のチャンスがあるのは上位2チーム。ただし、上位2チーム
同士の直接対決2試合が既に終わっていたら、現1位チーム準決勝進出
が決まっている場合もあります。           
posted by yuki at 09:04 | TrackBack(0) | EHF Champions League | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月14日

 EHF-CL 07/08 MR Round 6 #3

 今週末のオンラインライブ情報を右欄『EHF-CL 07/08 Live & Videos』
に追加しました。昨日の夜更新しておけばよかった・・・今朝早朝にグループ1
の最終試合、キール対アデマールレオンがライブ中継されていました。でさん、
キール通過しましたね、ふふふ・・・おめでとうございます。

 先日の続きです。例として、グループ4の上位2チームについて記します。
 バルセロナがポイント8、GOG(デンマーク)がポイント6、現在残り1試合、
この最終試合でバルセロナが負け、GOGが勝つと両チームはポイント数8で
並びますが、この2チームの直接対決は終了しており結果は以下の通りです。

 GOG(ホーム) 対 バルセロナ  35−33
 GOG 対 バルセロナ(ホーム)  24−29  1勝1敗 59−62

 最終試合が終了して上位2チームのポイントが並んだ場合、まず最初に該当
チーム同士の試合結果が考慮されます。こちらは1勝1敗でやはり並んでいる
ため、次に基準となるのは、該当チームの試合の得失点差となります。ここで、
GOGより3点高い得点をあげているバルセロナが上位にきます。上位2チーム
の直接対決が終わっているため、ラウンド6を待たずしてバルセロナの首位が
決定しており、全試合を終える前に結果がわかるケースです。
 
 グループ2の場合、最終戦が上位2チームの試合となっています。シウダッド
がポイント8、グンマースが6。前回はシウダッドが1点差で勝っています。
 最初の基準であるポイント数を稼ぐために、グンマースは最低条件として勝つ
必要があります。『グンマースが勝つ=シウダッドが負ける』となるので、ここで
ポイント8で並びます。次の基準である該当チームの勝敗は1勝1敗でやはり
並び、次に考慮されるのは該当チームの得失点差です。前回は1点差で負け
ているのでこの点で勝るためには2点差以上をつけなければなりません。
 1点差で勝った場合には、得失点差が同じになります。そうなるとさらに次の
基準として『全試合の得失点差が多い方が上位』となり、現段階でシウダッドが
17、グンマースが11で、1点差の試合後はシウダッドが16、グンマースが12、
こちらの条件では負けてしまいます。
 まとめますと、グンマースが準決勝に進出するためには『2点差以上で勝つ』、
対するシウダッドは『2点差以上で負けなければ』準決勝進出です。
posted by yuki at 12:52| Comment(0) | TrackBack(0) | EHF Champions League | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月18日

 EHF-CL 07/08 Semi Final #1

 準決勝の組み合わせが決まりました。

 シウダッド・レアル 対 ハンブルグ
 キール 対 バルセロナ

 現時点で定かではないのですが、第1節はそれぞれシウダッドとキール
のホーム、第2節がそれぞれハンブルグとバルセロナのホームと解釈して
います。詳しい日程は日を追って記します。
posted by yuki at 19:27| Comment(0) | TrackBack(0) | EHF Champions League | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月17日

 EHF-CL 07/08 Final #1

 準決勝の詳しい日程を記すとしながら、もう決勝・・・。

 シウダッド・レアル 対 キール

第1戦 シウダッドのホーム 
     5月4日19時(日本時間5日2時)開始

第2戦 キールのホーム
     5月11日18時(日本時間12日1時)開始

 15日の抽選で決まりました。
 第2戦にホームのチームが断然有利なのですが、この抽選が
どう結果に影響するでしょう。昨シーズン決勝もキールが第2戦
のホームの権利を得ていました。

 怪我で欠場中のペロ(ペーター・メトリチッチ:クロアチアの主将)
も出場を大前提にしているとのことです、大丈夫かな・・・。

 ニコ(ニコラ・カラバティッチ)も少し負傷を抱えたようです。

 同月末には、北京五輪最終予選を控える選手たちが両チームに
数名所属しています。白熱した試合に怪我がついてまわってしまう
ものですが、くれぐれも大きなものにならないよう・・・Good luck!

追記:Semi Finalのときに書こうと思っていたことですが、今季は
メインラウンドが導入され、準決勝、決勝という流れになっています。
昨シーズンはメインラウンドがなく、グループマッチから通過できる
のが(4グループ×上位2チーム)の8、その後、準々決勝、準決勝、
決勝という仕組みでした。今年は五輪の関係もあって、昨シーズン
とは試合形式に大幅な変更がありました。
 チャンピオンズリーグは年毎にレギュレーションが発表されます。
来季はどのような仕組みになるのかは、新しい規定が出てからで
ないとわかりません。しかし少なくとも言えることは、EHFはマーケ
ティングに力を入れており、そのニーズに合わせて年毎に柔軟に
変化しているということです。
posted by yuki at 00:16| EHF Champions League | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月21日

 EHF-CL 07/08 Final #2

 記事の最後にシウダッド・レアルに登録されている選手を記します。
 登録19名中14名が5月末に行われる世界最終予選に参加予定国
の出身、デンマーク出身の1名のみが北京五輪出場権を得ています。

 その点で考えると、準決勝でシウダッドレアルに敗れたハンブルグは
五輪出場権を得た国の出身選手が非常に多いです。ドイツ出身選手が
チームの過半数ということもありますが、欧州代表のデンマーク出身で
あるリンドバーグ選手に、アジア代表で韓国出身のユン選手、アメリカ
大陸代表でブラジル出身のソウジャ選手。他の選手もスイス出身の
1名を除いては最終予選に臨む国の代表ばかりです。

 トヨタ・ブンデスリーガは5月第3週まで、オールスターゲームが19日
に催され、今季の幕を閉じます。ブンデスで戦うフランス出身の選手は
最終予選の(早くて)約10日前にナショナルチームに合流します。
 スペインリーグはチャンピオンズリーグを戦うシウダッド以外、5月の
2週で最終節を終えるので、スペインチームの最終予選への準備期間
は約2週間という計算になります。

~ Ciudad Real Spain ~

Davis Camara David (ESP)
Dinart Didier (FRA)
Enterrios R. Alberto (ESP)
Garcia Parrondo Roberto (ESP)
Hjermind Christian (DEN)
Hombrados Ibanez Jose Javier (ESP)
Kallman Jonas (SWE)
Laen Torsten (DEN)
Masachs Gelma Josep (ESP)
Metlicic Peter (CRO)
Morros de Argila Viran (ESP)
Munoz Villanueva (ESP)
Pajovic Ales (SLO)
Rodriguez Vaquero Jose Maria (ESP)
Rutenka Siarhei (SLO)
Stefansson Olafur (ISL)
Sterbik Arpad (SRB)
Urios Fonseca Roland (ESP)
Zorman Uros (SLO)
posted by yuki at 17:58| Comment(0) | TrackBack(0) | EHF Champions League | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月29日

 EHF-CL 07/08 Final #3 1/3 

 欧州チャンピオンズリーグのトップページ、左上の動画が更新されました。
決勝に向けて2チームの選手へのインタビューが入っています。とり急ぎ言葉を
拾って訳したものなので間違いもあるかもしれませんが、以下に記します。
 

 Did you expect to get this far this year?
 今年、ここまで来れると思っていましたか?

  = Jonas Kallman, Ciudad Real =
   Of course, in the begining of this season,
   we talked about the Champions and Spanish League.
   We have a good team and we know that we can play good,  
   when we can play good, we play really good. And
   of course we had some goals in the begining of the season,
   and one goal, of course,
   was to go to the final in the Champions League.

   もちろんです。シーズンの初めに、チャンピオンズリーグとスペイン
   リーグについて打ち合わせていましたから。
   シウダッドは素晴らしいチームだし、素晴らしいプレーができれば
   最高に強いチーム。シーズン初めにいくつか目標をかがげていた、
   そのうちのひとつは勿論チャンピオンズリーグの決勝出場でした。

  = Dominik Klein
, Kiel =
   I am sure because we were last year the champions
   of this Champions League. And now we reached to finals 
   and we want to win against Ciudad Real.
   もちろん。去年このチャンピオンズリーグを優勝したチームとしては。今
   決勝へ辿り着いたからにはシウダッドレアルに勝ちたいと思っています。

 

 Can you still improve for the last and decisive matches?
 最後の決戦までに、チームはまだ調子を上げていけますか?


  = Dominik Klein, Kiel =
   The half finals against Barcelona were our top. So...but
   for the finals, we have to win and we have to play 100%. 
   And so, we will see.
   準決勝の対バルセロナは最高潮でした。
   決勝は勝たなくてはいけないし、100%の力を出し切らないと 
   いけない・・・やってみないとわからないです。


  = Jonas Kallman
, Ciudad Real =
   Yes we still have to improve. Which team we are going to meet,
   if it's Kiel or if it's Barcelona, for me, it doesn't matter.
   We must improve and we must play even better in the final
   if we want to win.
   そうでなくてはいけないと思います、対戦するのがキールであろうと
   バルセロナであろうと自分にとっては関係ありません。さらに向上し、より
   良いプレーを目指さなくてはいけないと思います、決勝で勝つためには。
posted by yuki at 00:00| EHF Champions League | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。