2008年05月07日

 Bundesliga & Champions League

 先日3回にわけ欧州チャンピオンズリーグのインタビューをおとしましたが
(おとす=音声等を文書化すること。他言語に翻訳する際もこの言葉を使う
ことがあります。「(何かに)変える→おとす」という意味合いです)、その中に
国内リーグとチャンピオンズリーグの違いを問うものがありました。
 カラバティッチ選手はコメントで「比べようがない」と繰り返していましたが、
答えにくい質問ではあるようですね。

 今回はブンデスリーガとチャンピオンズリーグについて。
 トヨタ・ブンデスリーガの上位23チームが決まりました。
 キール、フレンスブルグ、ハンブルグの32チームで、この32チームは来季
のチャンピオンズリーグの出場権を得たことになります(この規定については
オフシーズンのときに詳しく記せればと思います)。ひとつだけ付け加えると、
キールがチャンピオンズリーグを制した場合、キールは前年優勝国としての
出場権を与えられるため、もう1チーム、4位のチームが繰り上がること。 
 また順位についてですが、先日フレンスブルグがマグデブルグに敗戦した
ため、キールが大きく優勝に近付きました。残りの試合で1ポイント(引き分け
以上)を獲得すれば確定で、最短で5月14日に決まります。キールにとって
最高のケースを考えると、11日に試合予定の第2節にチャンピオンズリーグ
の優勝、それから次の試合となる3日後にブンデスの優勝。
 キールはシーズン前半で負傷者が続出していたのですが、そこから後半
への準備が整えられたのかもしれません。今後、シーズンを終えるまでに
大きな負傷者が出ないようにと願うばかりです。五輪が近いので・・・。

 2年連続の3冠(トヨタ・ブンデス、ポカール、チャンピオンズリーグ)の達成
が目の前に来ているキールをシウダッドは崩すことができるでしょうか。

 次回は、シウダッドの現在の状況について記します。
posted by yuki at 12:29| Handball - EU | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。