2008年05月05日

 EHF-CL 07/08 Final #5 2/2

 チャンピオンズ・リーグ第1節終了。

 シウダッド・レアル 27−29 キール

 アウェイでありながら、キールが2点差で勝利です。

 後半6分ジャスト、シウダッドのパヨビッチ選手とキールのカラバティッチ
(ニコ)選手が接触。パヨビッチ選手の肘が顔面に当たるような形でニコは
コートから出ます(11分後半に戻りました)。
 ニコの抜けている9分おわりから10分半ばにかけて両GKの魅せあいが
あります。速攻でゴールを狙うキールのレフェクレン選手をシウダッドの
GKステルビック選手が止めます。今度はシウダッドのパヨビッチ選手が
ゴールを狙いますがキールのGKオメイヤー選手が止めます。さらにまた
速攻で、キールのカブティチニック選手のシュートをステルビック選手が
止め・・・その前にも速攻でフリーの選手をGKが止める場面が多々あり、
この時間帯だけではなく、両GKの好調が光った後半でした。
 中に中に切り込んでくるシウダッド、隙があれば個々が瞬時にシュート
を狙うキール(もちろん組織力あってのことですが)。

 最後に笑うのはどちらのチームでしょう・・・第2節は11日です。
posted by yuki at 03:59| EHF Champions League | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。