2008年04月03日

 "Crazy, huze, fantastic"

 「興奮に包まれていて・・・ スケールが大きくて・・・最高だった!」
 
 ニコラ・カラバティッチ選手(以下、ニコ)は先週末に行われたルフトハンザ・
ファイナル4を終えて、この大会をこう表現した。

 試合会場はHSVハンブルグのホームコートでもあるカラーライン・アリーナ。
 HSVハンブルグが残ったからではなく、毎年ここが会場と決まっている。
 13800名を収容できるこの会場は、ほぼ満員の人々で埋め尽くされていた。
 
 「4分の1が黄色、4分の1が青、4分の1が赤、そして白と黒」

 準決勝に残った4チームのサポーターが身にまとったチームカラーは、会場を
くっきりとわけていた。黄色はラインネッカー、青はハンブルグ、赤はノードホルン、
白と黒はキール。ニコもすぐに気付いたようだ。

 「決勝ではハンブルグとキールから、さらに多くのサポーターが会場に足を運ん
でくれていたと思う、素晴らしかったよ!」

 優勝を決めた晩、スケジュールに入っていたアディダスのイベントに参加して
すぐに、チームの祝賀パーティに合流した彼は、こう付け加えた。

 「今はしばしお楽しみの時間、だけど明日から再びハンドボールに集中する。
だからチャンピオンズリーグの話しはしないで。今日はただ、ドイツ・カップの
優勝者でいたいんだ」
posted by yuki at 17:15 | TrackBack(0) | Handball - EU | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。