2008年02月28日

 Match Evaluation 1

 先日終了したアジア選手権について、ひとつだけ付記しておきます。

 2月25日の、5/67/8位決定戦に「追記します」とした件と関係して
います。
 この決定戦は、バーレーンの途中帰国により行われませんでした。
報道によると、予選ラウンドの最終順位決定を不服としたバーレーンが
抗議する形で帰国したとのことで、帰国前夜にはバーレーンの選手と
クウェートの選手が乱闘騒ぎになった、ということでした。

 バーレーンの抗議の原因となった、複数チームのポイントが並んだ
場合の順位決定方法に関しては、2月23日に記した通りで、アジア・
ハンドボール連盟(以下AHF)の大会規定によるものです。この規定
の内容について、AHFに限らず覚えがあったのですが、やはり国際
ハンドボール連盟にも、同様の内容で書かれていました。国際規定
に準じて、大陸もそのような規定になっている、ということですね。
ヨーロッパ・ハンドボール連盟に関しても、同様の内容で、順位決定
がなされるという記載があります。

 よくなかったのは、大会運営側が一度、全試合の得失点差で順位を
発表してしまったことなのでしょう。現地からの情報によると、予選直後
に最終順位が@イランAバーレーンBクウェートと公表されたとのこと
です。その後、規定で定められた方法による本来の順位に訂正された
らしく、バーレーン側には納得がいかなかった、という経緯らしいです。
 
 大会運営は滞りなく行って欲しいです。余計な揉め事を起さないため
にも、規定の把握はしっかりとしていてもらいたいと思う出来事でした。
posted by yuki at 23:57 | TrackBack(0) | Regulations | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。