2008年01月12日

 Beijing Olympic Qualification Tournament Vol.3

 北京五輪世界最終予選について、少しまとめます。まず男子ですが・・・

<グループT>開催地:ポーランド
  - 世界選手権2位:ポーランド
  - 世界選手権7位:スペイン 
  - 欧州選手権2位:
  - パンアメリカ大陸予選2位:アルゼンチン

<グループU>開催地:デンマーク
  - 世界選手権3位:デンマーク
  - 世界選手権6位:ロシア 
  - アフリカ大陸予選2位:

  - 世界選手権最上位大陸の特別枠(ヨーロッパ):

<グループV> 開催地:フランス
  - 世界選手権4位:フランス
  - 世界選手権5位:クロアチア
  - アジア大陸予選2位:    
  - 世界選手権で最上位2位大陸の特別枠(アフリカ):


 アジア予選の再試合で、もし韓国対日本の一騎打ちであれば負けた方
は、グループVの枠に入ることになります。
 先日も記した通り、1月17日からノルウェーで開かれる欧州選手権男子
にて優勝したチームには北京五輪出場権が与えられます。
 アジアに関係するグループVの場合、ポーランド、デンマーク、フランス、
クロアチアのいずれかの国が欧州選手権にて優勝した場合、組み合わせ
に変化が生じます。少なくとも今の段階でわかることは以下の通りです。

 @開催地はフランスかクロアチア
 A欧州からの対戦相手は、フランス・クロアチア・ロシアのうち2チーム
 Bアフリカからの対戦相手は間もなく(1月17日までに)決まる
 C開催予定日は5月30日から6月1日
posted by yuki at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | World Championship & Olympic | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。