2007年12月20日

 北京五輪予選とアジア選手権

 日本ハンドボール協会のホームページに現在記されている内容から
ですが、アジア選手権(男子)は2月16日から25日に予定されていて、
開催地はイランのエスファファンとなっています。
 この大会は2009年世界選手権(開催地:クロアチア)予選を兼ねて
います。

 今月16日まで行われていた世界選手権女子フランス大会の折に記し
ました(こちら)が、各大陸代表以外に世界選手権に出場できるチーム
数については、前大会の順位が大きく関わっています。
 今年初めに行われた世界選手権男子ドイツ大会では、韓国を除き実力
相応の国が出たとは言いがたいアジア大陸代表は、上位に食い込むこと
ができませんでした。よって、アジア大陸に与えられた出場枠は3つです。

 そのアジア選手権の前、1月中に行われるであろう五輪予選再試合。
 1位が五輪出場権獲得。
 2位は5月に開催予定の五輪最終予選への出場権を得ますが、予選
同グループに現時点でフランス・クロアチア(1月に行われる欧州選手権
の結果次第でいずれかのチームが抜けて、ロシアが繰り上がる場合も
ある)といった欧州でも強豪チームが名を連ねており、より厳しい戦いに
なると思われます。最終予選は同グループの4チームで総当たり、上位
2チームが五輪への出場権を得ます。
 
 全日本男子チームにとっては、五輪と世界選手権という二大世界大会
の予選が2ヶ月以内に行われるという事態・・・。選手の方々はくれぐれも
怪我をしないで欲しいと思います。
 全日本女子チームにとっては、世界選手権を終えたばかり・・・。やはり
二大世界大会の本大会と予選を2ヶ月以内でこなすことになる状況です。
フランスでの疲れがこれから出てくるかもしれません。怪我等を招かない
ようにと、切に願っています。

 短い準備期間になりそうですが、大会に万全の体制で臨めますよう、
 選手の方々、関係者の方々、サポーター・・・大会に関わるだろう全ての
方にとって、悔いのない大会になりますように。
posted by yuki at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | World Championship & Olympic | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。