2007年01月12日

 HWC Germany 2007 Vol.6

 昨日記載しました世界選手権のマッチスケジュールの続きです。
 1月19日から22日まで行われる予選ラウンドの後、各グループの1位と2位のチームがメインラウンドに進みます。
 メインラウンド(M)は、予選ラウンドのグループABCの上位2チームである計6チームがM1、同じくDEFの上位計6チームがM2、と2つのグループに分けられます。

 以降のスケジュールの具体的な詳細がないので、記された試合数などから組み合わせを予想で書きます。私の推測で申し訳ありません、あっているとは思うのですが・・・。

 メインラウンドは、予選で同じグループだったチーム以外と総当りです。
 例えば・・・クロアチアが1位通過(だといいな♪)した場合、予選で既に対戦している同グループF・2位と試合はなく、その2位チームとの予選ラウンドの試合結果がメインラウンドに反映されます。従ってクロアチアは予選ラウンド・グループDEの1位および2位のチームと総当り、計4試合をすることになります。
 メインラウンドから準々決勝(クォータファイナル)に進むのは、M1およびM2グループのそれぞれ上位4チームで計8チーム。試合方式は、1)M1の1位対M2の4位、2)M1の2位対M2の3位、3)M2の1位対M1の4位、4)M2の2位対M1の3位という風に、メインラウンドの成果を考慮し傾斜をかけることでしょう、たぶん・・・。
 準決勝(セミファイナル)は、1)の勝者対2)の勝者、3)の勝者対4)の勝者、決勝はその勝者たちの戦いです。

 ここで詳細は省きましたが、予選ラウンドで敗退したチームにもプレジデントカップという順位決定戦を兼ねた試合が行われます。

 順調に勝ち進んで決勝まで・・・予選ラウンド3試合、メインラウンド4試合、準々決勝、準決勝、決勝と全部あわせて10試合!
 準決勝と決勝の間に2日間の休みが入っているのですが、それを知って少しほっとしたりしました。決勝は2月4日にケルンで行われます。

 Idemo, Hrvatska!!
posted by yuki at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | World Championship & Olympic | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/31279847
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。