2006年05月04日

 新緑の頃−前編−

 4月29日土曜日、某所で開催中のバスケット・プレイオフの観戦に足を運んだ。
 普段は遠くて会えないが、とても仲のよい年下の友人に会うためだった。親友と呼べる彼女、ご主人はプロの選手で、試合観戦のために彼女は近くにきていた。観戦をしながら、久しぶりに会った彼女とお互いの近況報告をした。
 「ご両親はお元気にしてる?」
 泊まらせていただいたり、お食事をご馳走になったり、家族ぐるみでお付き合いしていたご両親のことをいつものように聞いたところ「そうか、ゆきさんは知らないはずだね。知らせていなかったね・・・」一瞬の沈黙の後、そう言った。

 9年前、熊本世界選手権のボランティアが決まってから彼女の家に遊びに行ったとき、彼女のお父さんは「すごい機会に恵まれたね」と私を激励してくれた。
 お父さんは以前、割と本格的にハンドボールをしていた方で、長身かつ体格はがっしりしていた。彼女もその血を継いで長身、スポーツ選手、さらに美しさも備えていて、モデルに誘われたことも1度ではない。一緒に歩いていると振り返る人も多い魅力的な女性だ。
 そんな美人の彼女の横顔が私の方を向き、お互い見合わせる形になった。 
 「お父さんね、亡くなったの。12月に・・・」

 癌だったそうだ。医者に3ヶ月、良くて半年と宣告されたと言う。
 「お医者さんに言われてからね、必死だったよ、私たちは。強く信じてたの。
  お父さんなら1年、3年・・・持つはずだって。でも・・・3ヶ月、だった」

 その言葉に私は激しく動揺しながらも、彼女の姿を見て、思った。
 無心で何かをしているとき・・・彼女の場合は懸命にお父さまのことを語ろうとしていたのだが・・・人は人を惹きつけることができるのだろうか。

 彼女のその姿は、今までに見たどんな姿よりも、私の心に残るものだった。
posted by yuki at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | My Personal Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/23667536
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。