2006年04月24日

 EHF-CL 05/06 Final 1st Leg

 ポートランド(スペイン) 19 - 25 シウダッド・レアル(スペイン)

 思ったより点差がついてしまった、ポートランドのホームゲーム。 ポートランドはアウェイで巻き返しできるでしょうか・・・両チームとも健闘を祈ります!

 今回はバリッチ選手について気付いたことを。
 
 彼はオフェンス中心、ディフェンスの際にはベンチに下がります。確か決勝の後半に、シウダッドの攻撃が半ば速攻状態で、自分が抜けきれない状況。彼は目の前に来たシウダッドの選手とさりげなく抱き合って接触し、試合を止めました。そして自分と交代のディフェンス選手をコートにいれ、またまたさりげなくベンチに。うーん、知能犯。
 さらに、VTRで見るとそこまで強く接触してないようなところでも、結構大袈裟にアピール(ねる)。これは他の選手にもよくあるし、私は肯定的です(だって本当に痛いのだと思いますから)。そうじゃないのかそうなのか、本人のみぞ知るところですが、すごく痛々しく見えてしまうバリッチ選手。実は演技派かもしれません。

 今回も試合終了後はよかったですね。何が好きって試合後のお互いを称えあうあのシーン・・・最高です。応援するチームが負けるとそうはいかないけれど。
posted by yuki at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | EHF Champions League | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/23666187
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。