2007年08月08日

 One Year To Go!

 北京五輪開幕が、ちょうど365日後となりました。
 公式ページによると、北京では今日いくつかのイベントが開催されるようです。

 男女ナショナルチームが五輪予選を間もなくとしている今、書きたいことが山のようにあります。たくさんありすぎて、何から書き始めたら良いのか、手のつけようのない状態です。
 欧州でリーグの開始前に前シーズンの試合結果を書いておきたいし、JHL選手の方々の誕生日も記しておきたい。けれども前述した内容を優先したい・・・書くべき時が今なのに。でも進まない・・・頭の中がまとまらなくて、いらいらしてます。

 こういうときは、初心にかえって、愛すべきクロアチアの話題を。
 昨シーズンのRKザグレブはスポンサーが大きく変わって(加わって、かもしれません)『HC Croatia Osiguranje-Zagreb』という名称で今シーズン登録されています。このHC Croatia OZにはシウダー・レアルからジョンバが戻り、イエルコビッチ選手もGKに加わりました。さらに(まだはっきりとしてはいないのですが)FCバルセロナからヴォリ選手も移籍する模様。ザグレブがチャンピオンズリーグのベスト4内に常連だった頃の栄光を再びという、大きな目標があるのかなって思っています。また、他の理由として、五輪を控えた今期、ナショナルチームのメンバーはなるべく国内に留まりたいのかもしれません。
 ショラさんは、今期で引退すると聞いています。まだヴェスズプレム(ハンガリー)に所属していた頃既に、「自分の国で、自分の古巣で、自分のキャリアを終えたい」と、彼は言っていました。それが自分を支えてくれたクロアチアのファンの人々への恩返しであり、当たり前のことだと・・・ジョンバも、きっと同じ考えです。

 もう本当に後1年、になってしまったのですね。
 北京で、会いたい人たちに会えるのかな・・・心がざわつきます。
posted by yuki at 03:31| Comment(0) | TrackBack(0) | HRVATSKA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月14日

 五輪へ−7年前− 壱

 第2セット終了、タイムアウト。
 間もなく第3セットが始まる。
  
 ボトルの水を飲み、視線を横にそらしたバーバラは、コート脇に立っていた私に気付いた。
 目が合うといつもはウィンクする彼女。けれどもこのときは、頷くように首をこくりとさせて、得点の電光掲示板に目をむけた。

 セットカウント2−0、日本チームが2セット連取。

 100以上になるだろう、本当に数多く彼女の試合を見てきた。
 出会ってから5年、ワールド・カップや世界選手権といった国際大会レベル、国内では決勝リーグ、勝負どころに何度も立ち会ってきた。
 ずっと彼女のプレーを見てきたから、表情としぐさで感じとれる。

 ・・・このままでは終わらない、2セット連取されたからこそ。

 追い詰められたときに、信じられない集中とパワーを発揮する
 敵チームへの応援が大きいほど、それを覆し、沈黙を誘う
 本当に欲しているものへの執着心が半端じゃない

 バーバラはそういう選手なのだ。

 2000年6月24日、女子バレーボール・シドニー五輪最終予選。
 日本とクロアチアが五輪の切符をかけた大一番の試合だった。
posted by yuki at 23:47 | TrackBack(0) | Memoirs | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月23日

 五輪へ−7年前− 弐

 その半年前、2000年1月29日。

 私はバーバラとザグレブのホールに座っていた。
 試合と同じようにうごめく満員以上の大観衆。渦に巻き込まれたかのような戦場と兵ども、が

 夢のあと、だった・・・

 欧州選手権ハンドボール男子の最後を飾ったその試合はクロアチアが敗北。
 1点差で隣国スロヴェニアに五輪出場権を譲った。前回のアトランタで優勝した国が、出場権すら得られなかった。
 罵声を浴びせる、ものを投げる、興奮の冷めないサポーターたちが視界に入る中、私はコートをじっと見つめていた。悲愴な面持ちをしていたのだと思う、この後他の5人にも言われることになるその言葉、まず最初に発したのはバーバラだった。

 「今日は泣かないでよ」

 彼女が言うと、少し元気が出る。
 「泣いたりしないよ、また、昔のこと持ち出して・・・」
 微かにだけれど、笑うことができた。

 1997年、熊本の世界選手権。
 決勝トーナメントでクロアチアはスペインに敗北。
 その時点でチームは帰国の準備に入る。チーム係だった私は当然知っていた。
 試合後、控え室の外でみんなを待っていると、知らずに涙がこぼれた。今よりもずっとずっと気丈だった私は人前で泣くことを恥じる人間だったにも関わらず・・・。

 気付いた選手ふたりが言った、
 「試合だよ、スポーツの。ゲームなんだから、泣いちゃだめだ」
 彼らに返事をしながら、自分が涙をこぼす理由がはっきりわかった。

 「違う、試合に負けたから泣いてるんじゃない、別れが近いから・・・」

 彼ら二人は私をロッカールームに通し、ベンチに座らせた。
 「よし、ここで好きなだけ泣きなさい。僕らのタオルを貸してあげよう」

 1枚を肩にかけてくれたので、もう1枚で涙を拭いていた私に
 「Yuki、泣くんじゃない、ゲームだからね」
と、やっぱり同じことを他の選手が代わる代わる言う。二人はその度に私の泣いている理由を説明していた。

 この話しは、何故かその日のうちにクロアチアにいるバーバラにまで伝わっていて、その晩、試合結果報告の国際電話をしたとき、彼女が開口一番に言った。

 「試合後、泣いたんだって?」
posted by yuki at 00:02 | TrackBack(0) | Memoirs | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月25日

 1勝!!

 北京五輪予選アジア女子の結果・・・

 29対28で、日本チームが韓国に勝ちました!
 (日本協会のホームページより)

 おめでとう!!
 次の試合は27日月曜日、現地時間17時(日本時間20時)開始です。
 対するは、開催国のカザフスタン・・・日本女子チームの皆さん、Good luck!
posted by yuki at 22:15| Comment(8) | TrackBack(0) | Competitions in Asia | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月27日

 1勝1敗

 対カザフスタン、22対28で日本女子チーム、敗戦です。

 コメントくださった方々、いつもありがとうございます。
 お返事遅れていましてごめんなさい、後程レスします。
posted by yuki at 21:32| Comment(14) | TrackBack(0) | Competitions in Asia | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月30日

 結果2勝1敗、3位

 カザフスタンで行われた北京予選の結果、女子チームはカタールに勝利しました。2勝1敗でカザフスタン・韓国・日本の3チームが並びましたが、得失点差で日本は3位という結果です。
 女子選手の方々、スタッフの皆さん、お疲れさまでした・・・心から思います。

<追伸>コメントをくださっている皆さん、いつも本当に、本当にありがとうございます。自分の考えていることを細かく書きたいのですが、今、それができない状態にあります。後日、男子の予選が終了してから、時間をかけてお返事させてください。それまでに別の記事を載せるかもしれませんが・・・失礼をお許しくださいね。
posted by yuki at 00:49| Comment(0) | TrackBack(0) | Competitions in Asia | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。