2007年05月16日

 4月&5月生まれのJHL男性選手!

 4月3日  泉原弘典選手 トヨタ紡織九州 
 4月4日  河島槙吾選手  豊田合成 
 4月6日  表健治選手  北陸電力 
 4月7日  高木尚選手  大同特殊鋼
 4月13日 畠中益喜選手 豊田合成 
 4月17日 名倉吉彦選手  豊田合成
 4月18日 吉田尚寛選手 湧永製薬
 4月19日 橋寛幸選手  豊田合成
 4月28日 酒徳高裕選手 豊田合成

 5月6日  大谷英之選手 北陸電力
 5月8日  鶴田裕喜選手 トヨタ紡織九州
 5月10日 渡久川兼太選手 大同特殊鋼
 5月11日 安藤聡選手  トヨタ車体
 5月12日 四方篤選手  ホンダ
 5月13日 鶴谷大輔選手 トヨタ車体
 5月15日 植木宏和選手 トヨタ紡織九州
 5月16日 中谷哲也選手 ホンダ  今日ですね、おめでとうございます♪
 5月17日 厚沢憲彦選手 トヨタ自動車
 5月20日 地引貴志選手 大同特殊鋼
 5月22日 藤田功一選手 ホンダ熊本
 5月22日 米満政佳選手 ホンダ熊本
 5月24日 野嶋智次選手 ホンダ
 5月25日 北出圭祐選手 トヨタ車体
 5月25日 坂村健一選手 ホンダ熊本
 5月31日 谷川一寿選手 トヨタ紡織九州
 
 5月10日生まれの辻さんのお名前、載せたかったのですが・・・本当に残念です。
 また今回も(特に4月生まれの方、ひと月以上も)遅くなっての掲載ですが、皆さん、お誕生日、おめでとうございます。女性の方は次回・・・。
posted by yuki at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | Handball - Japan | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月24日

 4月&5月&6月生まれのJHL女性選手!

 4月2日  細木久未選手  オムロン 
 4月9日  伊藤瞳選手    広島メイプルレッズ
 4月10日 久野葵選手    オムロン 
 4月19日 安心院祐子選手 オムロン
 4月22日 菅谷美奈選手   HC名古屋
 4月27日 金鎭順選手    広島メイプルレッズ
 4月30日 大島千佳選手   HC名古屋

 5月1日  新田寿美枝選手 北國銀行
 5月6日  洪廷昊選手    オムロン
 5月7日  伊藤亜衣美選手 三重花菖蒲
 5月12日 江頭恵美子選手 広島メイプルレッズ
 5月14日 野路良子選手  北國銀行
 5月16日 郭惠靜選手    ソニーセミコンダクタ九州
 5月16日 本澤真由美選手 HC名古屋
 5月16日 島崎希衣子選手 三重花菖蒲
 5月25日 小川めぐみ選手 三重花菖蒲
 5月25日 山本菜津選手  三重花菖蒲
 5月28日 石黒琴子選手  三重花菖蒲
 5月30日 佐師千可選手  ソニーセミコンダクタ九州
 
 6月1日  千葉歩選手   ソニーセミコンダクタ九州
 6月2日  近藤澄江選手  HC名古屋
 6月3日  木澤尚子選手  北國銀行
 6月7日  森田由美選手  三重花菖蒲
 6月10日 若松里佳選手  北國銀行
 6月17日 城内真紀選手  オムロン
 6月17日 下野真由子選手 ソニーセミコンダクタ九州
 6月19日 長野かづさ選手 ソニーセミコンダクタ九州
 6月22日 中島さやか選手 オムロン
 6月25日 武井夏紀選手  北國銀行
 6月27日 棚原美幸選手  北國銀行
 6月28日 中村鮎美選手  HC名古屋

 4月・5月・6月生まれの皆さん、おめでとうございます!三重花菖蒲の選手の方々の誕生日が5月に多かったです♪
posted by yuki at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | Handball - Japan | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月26日

 Adriatic Blue

 全日本男子の選手の方々がクロアチア遠征中、アドリア海の写真をブログに載せていらっしゃいました。
 
 アドリア海は英語で"The Adriatic Sea"、クロアチア語では"Jadransko more"(more=「モーレ」は海の意)と呼ばれます。
 何度か海岸で泳いだことがあります(実際のところ上手く泳げないので、「浮いていた」が的確)が、言葉では表現できない水の色でした。近くを見ると、どこまでも透んでいるのだけれど、遠くを見ると、透明かと言われればそうじゃなくて、青でもなければ緑でもない、エメラルドグリーンでもない。見ていていつまでも飽きない、魅惑的な海の色・・・バーバラと私は「アドリアティック・ブルー」と表現していました。
 
 “近くを見ると、どこまでも澄んでいる”、と記しましたが、ウニが見える位なんです、たくさん。それはもう。
 私が見るたびに「食べたい・・・」と呟くと、バーバラはいつも「クレイジーだわ〜!!」と苦笑していました。
 一番最初は、「クロアチアの人はタコを食すし、ウニも食べるんじゃないの?」って真面目に訊ねたのですが、「問題外!」と言われ、かなり毛嫌いしている様子でした。そんな彼女が近くにいるのにも関わらず、あまりの多さに、取って食べることも一瞬考えたのですが、手袋や槍がないと、無理なのですよね。素人が下手にやると危険かな、なんて思ったりもして・・・。
 でもところどころに、誰かが取って放り投げたらしき形跡があったりしました。泳ぐあたりにウニがいると邪魔だからだろうと思うのですが、どうやって取ったのかしら、やっぱり何か道具を使ったのかな・・・そんな疑問を抱きながら、ウニをじっと眺める私だったのでした(「まさか、おいしそうなんて思っちゃいないわよね」と言わんばかりのバーバラの視線を感じたけれど)。
 
 なんとなく、なのですが、全日本の方々で「クロアチア産ウニにトライしたのかな?」って思う選手がいらっしゃいます。味はどうだったのか、個人的にはとっても気になりますねえ・・・。次回の遠征はわさびと醤油、持って行ってくださいね(あ、手袋と槍もかな?)♪
posted by yuki at 01:59| Comment(0) | TrackBack(0) | HRVATSKA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月28日

 草野球と草ハンド

 連日ですが、クロアチアの話題をひっぱります。選手の方々が遠征中に綴られたことを読んでいますと、自分の思い出が浮かんだり、書きたくなるようなことがたくさん、出てきます。
 
 豊田選手がブログで書かれていましたが、街中でハンドをしている子供たちを見かけたそうです。それはクロアチアでは自然な光景で、サッカーだったらなおのこと、クロアチアでも日本でもよく見かけます。日本でなら、野球やサッカーをやっている子供たち(&大人)の姿が、自然に目に浮かぶことでしょう。
 
 ところで野球、親しきクロアチア人からすると
 
 「つまんない!!いちいち動きが止まるし、団体スポーツとは言いながら投手対打者の一騎打ちみたいなもんだし、ヨーロッパじゃマイナースポーツよ!」
 (はっきり言って、野球嫌いだと思われるバーバラ談、でも同意見多数)
 
 昨年の夏、ザグレブ訪問をした折に、旧市街の小さな公園で野球をしている人たちがいて、一緒にいた長束さんと共に驚愕しました。
 「え??野球やってる?!」「うわ、きっとクロアチア人じゃないね〜!」と、思ったことを口々に言っていたのですが、案の定、聞こえてきた言語は英語。クロアチアの方々ではなく、発音からしてどうもアメリカの人々がミニ野球(みたいなもの?)をやっていたようでした。二人して「やっぱりね」と何故か、納得。

 草野球と草ハンド、日本とクロアチアでは、普通に見られる風景が逆なのですね。
 ハンドも好きな私はやっぱり、豊田選手が望むように、ハンドをしている子供たちの姿を日本でも街中で見かけたいなって思います。
posted by yuki at 00:57| Comment(2) | TrackBack(0) | HRVATSKA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月30日

 Forget Me Not #7

 「気持ちを一日で切り替えることは、何年もプロとしてやってきた自分だって難しい。いや・・・歳をとっているから逆に難しくなっているのかもしれないな・・・。自分は38歳で、痛み止めを打ちながらやってる。それでも肉体的な疲労はないんだ、むしろ精神的な部分で続けていくのに疲れてきている。監督にも、できれば代表を退きたいと何度か告げているんだけれど、まだその時期ではないと言われてきたんだ」、途切れ途切れにゆっくりと彼は語った。
 「・・・精神的支柱として、あなたが必要なのでしょう?」
 ソラさんと会える機会は今まで一度もなかったけれど、チーム内で彼の存在が大きいことは以前から感じていたので、率直に告げた。私の使った英語の言葉が理解し辛かったようで、言葉を変えて説明しなおすと、「監督もそのようなことを言っていた」とソラさんは頷いた。
 「北京まで続けたらいいじゃない」私は思ったことを再び口にした。するとソラさんは思いのほか大笑いして、「あと2年も続けろって言うのかー!40だぞ!」と答えた。
 「38歳って言うけれど、そうは見えないもの」、やっぱり率直に思ったことを告げた。
 「ヴェニオとソラさんは全くタイプが違うし・・・」と呟くと、ソラさんはひとことヴェニオについてコメントした後に、「君が噂をしたから、彼が来たよ」と向こうにいる彼の方を見ながら言った。ヴェニオが「Yukiさーん!」と叫びながら手を広げていた。彼は熊本の世界選手権のときから、ずっと「さん」付けで私のことを呼んでいる。席を立って、手を広げて挨拶をした。
 「元気?」 「うん、うん、元気だよ。最後に会ったのいつだった?」
 「2000年の欧州選手権、クロアチアがスロヴェニアに負けた翌日、ハンドボール協会で・・・あなたの友達とも会ったわ、ハンドボール選手の」
 「よく細かく覚えているね、そうそう思い出したよ。確かスペインに戻るチケットをもらいに行ったときかな」
 「うん、あれから会っていないのよ・・・」
 そんな会話をしていると、ソラさんは微笑みながら「一度部屋に戻るよ。また後で」と席を立った。「今度は私がご馳走するから」と言うと、にやりと笑って「Maybe in Japan」と彼は答えた。「Maybe in Beijing」と、私も負けずに応戦した。
posted by yuki at 00:00| Comment(13) | TrackBack(0) | Memoirs | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。