2006年10月01日

 欧州組の試合結果 06/07-7

<9月27日の試合結果 ノルウェー女子2部
 ・浅井選手のチーム ストールハーマル 22-30 (10-16) Bjornar

<弟6節・9月30日の試合結果 ドイツブンデスリーガ女子1部
 ・谷口選手のチーム ドルトムント 15-32 (6-18) ニュルンベルグ

<弟4節・9月30日の試合結果 ドイツブンデスリーガ女子2部・南地区
 ・内林選手のチーム リーザ 18-29 (11-15) アゥアーバッハ

<弟5節・9月30日の試合結果 ドイツブンデスリーガ男子2部・南地区
 ・植松選手のチーム アウェ 30−31 (16-17) ビーディングハイム
 ・河田選手のチーム デーリッチュ ☆25−18 (10-9) ゲンズンゲン

 今日10月1日16時(日本時間同日23時・・・今から!)金城選手所属のフランクフルトと田中選手所属のギュッピンゲンの試合が始まります。ブンデス1部で日本人女性選手同士の試合は史上初めて・・・?お二人とも、健闘をお祈りいたします!Good luck!!
posted by yuki at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | Handball - EU Results | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月02日

 10月生まれのJHL選手!+

 10月1日 高田裕梨選手 オムロン
 10月2日 坂口絵美選手 広島メイプルレッズ・・・おめでとうございます!バースデー
 10月4日 桂裕美子選手 三重花菖蒲
 10月5日 大前典子選手 広島メイプルレッズ
 10月5日 水野由加里選手 HC名古屋
 10月5日 ローランド・ネメシュ全日本男子コーチ (+のお方です♪)
 10月6日 大園直選手  ホンダ熊本
 10月7日 木下国大選手 トヨタ車体
 10月8日 横川恵子選手 三重花菖蒲
10月14日 前田美緒選手 オムロン
10月14日 桜井渉選手  北陸電力
10月15日 北村暢啓選手 北陸電力
10月15日 竹田寛明選手 ホンダ
10月16日 大塚義起選手 トヨタ自動車
10月16日 河瀬豊選手  ホンダ
10月18日 原貴之選手  豊田合成
10月22日 門山哲也選手 トヨタ車体
10月23日 長谷川聖選手 トヨタ車体
10月23日 松林克明選手 大同特殊鋼
10月24日 永田しおり選手 オムロン
10月25日 伏見麻美子選手 三重花菖蒲
10月26日 浦田悠司選手 大同特殊鋼
10月28日 田中勝弘選手 トヨタ自動車
10月28日 吉井丈晴選手 ホンダ

 10月生まれの皆さん、素敵な一年をお過ごしください。Happy Birthday♪
posted by yuki at 00:08| Comment(0) | TrackBack(0) | Handball - Japan | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月04日

 Anti-Doping!

 昨日10月3日は、大学時代の大親友の誕生日。久しぶりに長電話をしました。彼女の旧姓は「和田」・・・

 WADA ・・・ World Anti-Doping Agency
 JADA ・・・ Japan Anti-Doping Agency
 ドーピング検査 ・・・ 三菱化学ビーシーエル

 上記した3つのホームページからドーピングの情報の多くを得られることができます。
 三菱化学ビーシーエルはホームページをご覧になるとおわかりいただけるように、日本で唯一のWADA公認ドーピング機関です。ブログのトップページにもリンクをはらせていただきました。
 今回はドーピングに関する3つのホームページの紹介だけになってしまいますが、これらのホームページを参考にしながら、今後少しずつ記事を書きたいと思います。

 10月3日は、ドイツ統一記念日でもあるのですね。19901989年・・・忘れがたい年です。(追記:受験勉強をしていた年にベルリンの壁が崩壊したって覚えているのですが・・・計算し間違えてました!)
posted by yuki at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | Wanna Support Sport | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月05日

 働きたい子供たち

 『キッザニア東京』が今日、ららぽーと豊洲にオープンしました。
 当然、私はまだ行ったことがありません!行った折には、こちらでご紹介したいと思います。今日ここでは公式ホームページでわかったことを少しばかり・・・。
 この『キッザニア』は“こどものための、こどもによる、こどものための国”と銘打っている通り、こどもは仕事をし、キッゾ(=お金のようなもの)を貯め、貯めたキッゾで遊ぶ・・・擬似大人社会(うーん、いい言葉が浮かばない!)を体験できるところのようです。施設も大人の3分の2の大きさになっていて、仕事に就く場合はちゃんと着替える!大人の私でも、子供だったら行きたいなぁと思うような空間です。入場料はちょっぴり高めな気もするのですが、来場した子供の居場所がわかるブレスレット等、セキュリティは万全だし、施設や道具の充実さを見ると妥当な金額だったりするのかしら。

 幼児の子供が「じぶんでするっ!」と言って、周りの人の真似をしながら様々なことを覚えていく時期がありますが、子供はいつでも大人のように何かしたいっていう気持ちを持っているのかもしれないですね。
 留学していたアメリカでは小中学生はボーイ(&ガール)スカウトから渡されるクッキーやキャンディー(チョコレートバーのことです)をご近所や親戚に売って歩いて活動資金に、朝は新聞配達のバイトなど、高校生になるとベビーシッターのバイトは極自然なことで、学校帰り(始業も終業も早い時間なので)にスーパーやショップでバイトしている子も多くいました。
 日本でバイト禁止の校則が多いのは、その時間を勉学にっていう配慮(?)や、働いて得たお金の使い道を考えると、っていうことなのだろうけれども・・・親が見ていてあげればよいような気もしたり・・・難しいところですね。自分は校則破ってバイトしてましたけど、確かに成績下がったし!!

 Hiromiさんのブログの記事の中に、スウェーデンのハンドボールクラブのホームゲームで売店に立つクラブの子供たちのお話しや写真がありました。もしかしたら、その営業の場で自分の新たな才能(交渉術・・・寅さんじゃないけど!)を発見したりするかもしれない。またクラブの中で、年下の子を教えていたら、自分には実はそれが楽しかったりするのかもしれない。審判になって冷静に見るということを覚えたり、笛を吹く側の道を志すかもしれない(ペーターさんペアがそうでしたね)。選手としてだけでない立場を経験していくうちに、スポーツひとつに対しても色々な関わり方があるということを知ることもできるし、自分にあった接し方というものを発見できることでしょう。

 話しがだいぶそれてしまいましたが、夢があって楽しそうな『キッザニア』です。お子さんがいらっしゃる方は、是非、ホームページをご覧になってみてくださいね(こちら)♪
posted by yuki at 12:20| Comment(2) | TrackBack(0) | Something Good | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月06日

 『イスバス』 by 安直樹さん

 安(yasu)直樹さん、Happy Birthday!

 安さんと私はいくつかの共通キーワードがあり、私が安さんのことを知ったのも、共通キーワードのひとつがきっかけでした。つい先日、ホームページが(ご自身の誕生日の今日♪)リニューアルされると知り、この機会にリンクをお願いした次第です。
 新しいホームページ『イスバス』のトップページをご覧いただけるとおわかりになると思いますが、車椅子バスケットボールをイスバスと名付け、障害者スポーツというイメージを変えて、健常者と楽しめるスポーツにしたい、という安さん。様々な活動を展開していらっしゃったのですが、8月28日、ブログ内で新たな決意表明をしていらっしゃいました。

 北京へ向け、イスバスをメジャーにしようしてきた活動の休止

 詳細は、安さんのブログで安さんの言葉を見ていただいた方がいいと思います。

 人生には幾たびか重要な選択を迫られるときがありますね。
 何かを選ぶとき、選ばなくてはいけないとき、頼るものは自分の「信念」であったり「直感」であったり・・・。選んだときには置いていかなくちゃいけないものもあって・・・。選んだ答えを進んでいきながら、自分に悔いのない生き方ができますように(自分の経験から言うと、さんざん考えて出した結論って、後で振り返ったとき、あれだけ悩んで考えた結果だったからこれが最善だった、これで良かった、って思えるんですよね)。

 幾つかある共通キーワード(秘書検定とか♪)、一番上位のヒットは「北京」かも・・・yasuさん、Good luckです!
posted by yuki at 12:02| Comment(0) | TrackBack(0) | Wanna Support Sport | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月11日

 欧州組の試合結果 06/07-8

<早船愛子選手所属のチーム デンマーク女子1部
  9月30日 ホルステブロ 29-37(15-16) オールボァ
  10月8日 ホルステブロ 22-28(9-14) エスビャー

<山田永子選手所属のチーム ノルウェー女子1部
  10月1日 ベッケラゲット ☆27-19(9-11) テルトネス
  10月8日 ベッケラゲット 22-19(11-14) レヴァンゲル

<浅井友可里選手所属のチーム ノルウェー女子2部
  10月1日 ストールハーマル ☆40-22 (19-12) Lunner

<谷口久代選手所属のチーム ドイツブンデスリーガ女子1部
  10月3日(弟7節) ドルトムント 28-29 (14-13) トリーア
  10月7日(弟8節) ドルトムント 22-25 (14-10) テューリンガー

<金城晶子選手所属のチーム ドイツブンデスリーガ女子1部
  10月1日(弟6節) フランクフルト ☆30-28 (16-14) ギェッピンゲン
  10月3日(弟7節) フランクフルト ☆26-25 (14-10) ブックテゥーダー
  10月8日(弟8節) フランクフルト 29-37 (13-22) レバークーゼン

<田中麻美選手所属のチーム ドイツブンデスリーガ女子1部
  10月1日(弟6節) ギェッピンゲン 28-30(14-16) フランクフルト
  10月3日(弟7節) ギェッピンゲン 26-27(12-16) レバークーゼン
  10月7日(弟8節) ギェッピンゲン 28-35(17-19) ブロムベルク

<内林絵美選手所属のチーム ドイツブンデスリーガ女子2部・南地区
  10月7日(弟5節) リーザ 24-33 (10-16) メッツィンゲン

<吉田耕平選手所属のチーム エストニアリーグ
  10月3日 チョコレートボーイズ ☆48-28(23-10) タバ

<植松伸之介選手所属のチーム ドイツブンデスリーガ男子2部・南地区
  10月8日(弟6節) アウェ 27−27 (13-15) オーベルンブルグ

 名倉幸次郎選手のチーム名が選手名簿より確認できました。間違いないとは言い切れませんが、恐らく『HSG Wolfen 2000』、試合結果がわかるURLはこちらです。
 また、櫛田選手のチームは『ESV Lok Pirna』、←こちらのホームページ右欄の[Tabelle]から最新の試合結果を得ることができます。
 本当は皆さん全員の結果を載せたいところなのですが、今季は2部からの結果を載せる形をとらせていただきます。何卒ご了承ください。名倉選手と櫛田選手の結果がわかるページへのリンクは今回同様に毎回載せます。

<追記>スペインでプレーをしていらっしゃる小松選手の結果情報をオンラインで入手することは未だできていません・・・。
posted by yuki at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | Handball - EU Results | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月12日

 写真が捉える一瞬・前編

 先日の『ハンドボール写真館U』で「載せる?載せない?」という記事がありました。読んでいただけるとおわかりになると思うのですが、管理人さんがラフプレーの瞬間を激写(!)したものを載せるべきか載せないべきか、というお話しでした。

 私は、載せて欲しいと思っています。記事の内容と少しばかり主旨がはずれてしまうかもしれない意見ですが・・・写真はその一瞬を捉えたもの、だからこそ、その前後を色々な形で読みとる、感じとることができるからです。
 一番いいと思う(個人的に望ましいし、是非お願いしたい)のは、当事者がその写真を見ながら(数多い試合をこなしているので、覚えていらっしゃる可能性は低いですね・・・)「あのときはあーでこーで・・・で、こうなったんだよ!」とお話ししてくださること。その続きが「俺が悪かった、すまん!」になるのか、「お前もその前、やっただろ!」になるのか。転びそうになったときに相手のユニフォームを掴んだままの状態だった、いや、闘志溢れる激情の延長上だった、等、色々と理由はあると思います。
 前述したことは当事者同士の話しですが、見る側はそこまでわからないですよね。でもだからこそ、良いのではないかと思います。その写真ひとつひとつによって見え方が違うと同時に、そのラフさが許容範囲なのか、全く持って言語道断なのか・・・見る側の立場によって異なってきます。同じ写真でも、能天気な私が「あ、こんなの、いいよ〜!」(雑談:若者言葉で「こんなの、やばいよ〜」なのかしら。これは本当に「まずい」と言ってるような・・・私には文脈が読み取れません!)と言ってしまうのを、小学生を教える先生は「信じられん!これは退場ものだ!」と思われるかもしれません。それぞれに見方が違う、写真の魅力がそこにあることでしょう。

 指導の問題に関しては、やはり、教える方の立場によると思います。荒いプレーに至るまでの流れを解説し今のは仕方ないと教える方も、また、一環して「荒いものは荒い=良くない」と教える姿勢を貫きたい方もいらっしゃるはずです。
 小学生、中学生、高校生と、子供が成長するにつれ、その力が強くなっていくように、プレーも強くなっていくのであれば、接触も強くなっていく・・・。それぞれの環境の中で、それぞれの選手たちが抱く「あるまじき行為」の差異がないように、その立場の指導者の方々が教えてあげることが大切なのではないでしょうか。
posted by yuki at 01:04| Comment(0) | TrackBack(0) | Essay | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月13日

 浪漫飛行

 1988年8月25日、アメリカに向かう飛行機の中。
 その日高校に寄った際に友達がくれたプレゼントを取り出した。彼女が好きな曲を録音してくれたカセットだと、ラベルを見てすぐにわかった。1曲めは彼女一番のお気に入りである、米米クラブのものだったから。
 
 夢を見てよ どんなときでも 全ては そこから始まるはずさ・・・
 
 私に語りかけるような歌だった。
 
 あれから、幾度となく飛行機に乗った。歌の通りトランク1つで飛び回った。
 離陸してシートベルト着用の合図が消えると、カセットを取り出したあのときの自分を思い出す・・・そしてこの曲を。
 
 浪漫飛行 ・・・ 今までの人生の中で一番好きな曲
posted by yuki at 22:39| Comment(2) | TrackBack(0) | & Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月15日

 写真が捉える一瞬・後編

 「yukiさん、○○って英語で何て言うんですか?」 
 現場にいた頃、よく質問されました。質問者と私がその場にいて状況がわかる(同時通訳的な)場合は答えることができます。けれども唐突に質問された場合、こちらが問いかけることになります。「前後の様子や文脈、状況を教えてくれる?」と。よっぽどその○○が明白にわかる名詞や慣用句でない限り、即答は困難です。
 例えばその○○が「こっち」という言葉だったとします。話したい相手と自分との距離、その言葉の使われた状況、「(ボールを)こっち(に投げて)」であったり「こっち(の方向に走って)」であったり、その時々によって使う言葉が異なってくるからです。
 ちなみに、ボールが欲しいからこっちに投げての場合は、「Here!」と叫ぶ、もしくは相手の名前を呼んで「Give me a ball!」と叫ぶ、後者の場合は「Run this way!」だったり、「Come here!」であったり色々と訳が考えられます。  
 前回のお話しと絡んで、このことを記しておこうと思いました。

 またハンドボール写真館Uの管理人さんとのやりとりの中にあったファールに関する用語について、国際ハンドボール連盟(以下IHF)のルールブックで調べていたときに、日本語ではどのように記されているのかしらと考えたことも、上記した内容に関係しています。実際には日本語のルールブックを手にしていないので比べることはできないのですが、IHFのファールに関する事項を抜粋します。

It is not permitted to:
8:2 a) pull or hit the ball out of the hands of an opponent;
      b) block or force away an opponent with arms, hands or legs;
      c) restrain or hold (body or uniform), push, run or jump into an opponent;
      d) endanger an opponent (with or without the ball).

an opponent = a person being competed against in a sports event = 相手チームのメンバー、敵
re-strain = to control the actions or behaviour of someone by force, especially in order to stop them from doing something = 人の動きや振る舞いを力ずく(邪魔する意図)で止める、(「働こうとする = strain 」人の動きを「もう一度= re 」同様のことをさせる意味合いから)引っ張る
posted by yuki at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Essay | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月16日

 欧州組の試合結果 06/07-9

<早船愛子選手所属のチーム デンマーク女子1部
  10月11日 ホルステブロ 21 - 27(13-11) オーゥス

<山田永子選手所属のチーム ノルウェー女子1部
  10月11日 ベッケラゲット 16 - 21(8-12) ラルヴィク

<浅井友可里選手所属のチーム ノルウェー女子2部
  10月11日 ストールハーマル ☆28 - 24 (15-16) Fredrikstad Bkl

<吉田耕平選手所属のチーム エストニアリーグ
  10月14日 チョコレートボーイズ 28 - 32(14-16) ケーラ

<植松伸之介選手所属のチーム ドイツブンデスリーガ男子2部・南地区
  10月14日(弟7節) アウェ 30 - 32 (15-19) ミュンスター

<内林絵美選手所属のチーム ドイツブンデスリーガ女子2部・南地区
  10月15日(弟6節) リーザ 23 - 24 (11-13) ザクセン・ノイシュタッド

<Regionalliga・ドイツ3部:結果はこちら
 『HSG Wolfen 2000』 名倉幸次郎選手所属

<Oberliga・ドイツ4部:ザクセン地方結果はこちら
 『ESV Lok Pirna』 櫛田亮介選手所属
 『SG Motor Gohlis-Nord Leipzig』 石黒将之選手所属

 河田選手の先週の第6節の試合はなかったそうです。第7節は18日水曜日に予定されています。18日には金城選手、早船選手、山田選手も試合があるようです。皆さんGood luck!です、寒くなってきましたが、お体を大事になさってください!
posted by yuki at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | Handball - EU Results | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月17日

 IDEMO, RK Zagreb! Vol.2

 ・・・やってしまいました、誤報。
 本当に申し訳ありません。ジョンバはザグレブに戻っておらず、今季はシウダッド・レアルでプレーしています。某所の記事を抜粋したのですが、よく読むと今季とも来季ともとれる内容で書かれており、実際は来季のようです、本当にごめんなさい!!

 別の話題ですが、RKザクレブの監督であり、クロアチアナショナルチームの監督であるチェルバル氏が、シーズン始まったばかりの先月末にザグレブの監督を退きました。理由はナショナルチーム監督及び議員(国会議員のはず・・・)の仕事が多忙のため、と報じられています。
 そして新監督には・・・なんと、ネナド・クリャイッチ氏!彼も熊本に来ていました。当時はドイツでプレーしていた記憶が・・・『TV Grosswalldstadt』です、確か。彼はニックネームがなく、名前でも苗字でもどっちで呼んでもいいよって言っていたひとりでした。熊本でネナドのお父さんはアトランタの監督だった(五輪後退任して、熊本のときは別の方)と聞きました。ネナドは勿論アトランタ五輪選手です。うん、懐かしい!

 チャンピオンズリーグは今のところグループ予選前半が終了、戦績は4チーム中2位で2勝1敗(1敗は対フレンスブルク)。あと3試合を行った後、2位以内ならば通過です。これから、これから!!
posted by yuki at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | HRVATSKA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月18日

 Happy Sad Halloween

 ハロウィンの時期になると、鮮やかなオレンジ色のかぼちゃの明るい楽しさを感じると共に、ひとつの悲しい事件を思い出す。 
 1992年10月17日、当時16歳だった服部剛丈くんが、ハロウィンパーティの会場と間違えて入った個人宅で射殺されてしまった。銃を持った住居の主に"Freeze!"と叫ばれた剛丈くんが、その意味を解さずに動いてしまったために、この悲劇が起こったと頻繁に報道されていた。記憶に残っている方も多いと思う。
 
 冷凍庫という名詞 freezer、freezeは動詞で「凍らせる」。また、動きを持つもの(動物、人間、物では例えばエンジンなど)が「止まる・止める」の意。口語的な表現では、 "It's freezing outside!"(外はめちゃめちゃ寒いよ!)というものがある。
 もし・・・起きてしまったことに、仮定法は使えないのだけれど、もし、かけられた言葉が"Stop!" "Stay there!"であったなら、多分剛丈くんは意味を理解したのだろう。が、"Freeze"と突然叫ばれた場合、"Please"と聞き違えかねない。自分に銃を向けた人間をハロウィンの余興ととり、"Please"(come in が省略された形)で「どうぞ、入っておいで」と聞こえてしまったのかもしれない・・・しかしどんなに思いを巡らせても、同じ歳で同じアメリカに留学した剛丈くんが生きて帰ってくるわけではない・・・。
 
 その後国内とアメリカで署名運動が行われ、私も周りの方々に署名をお願いした。快く署名してくださる方もいれば、アメリカの政治に日本の人間が口を出せるものではないという方、銃を所持する環境を理解したくはないが否定もできないという方、色々な方がいて様々なことを考えさせられた。
 
 この事件についての詳細と、その後の働きかけ等について詳しく記されたページを見つけた(こちら)。あれから、14年という月日が流れている。

<追記:10月21日>mamamiさんのブログより、リンクを掲載させていただきます。
YOSHIの会 http://www11.plala.or.jp/yoshic/y-index.html
YOSHI基金 http://www11.plala.or.jp/yoshic/YOSHI-fund%20jp.html
posted by yuki at 10:29| Comment(6) | TrackBack(0) | My Personal Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月19日

 岩本真典選手、おめでとう!

 18日に行われた試合で、大崎電気の岩本真典選手が日本リーグ通算1000得点を挙げられたとのこと!心からお祝い申し上げます。
 岩本選手は・・・熊本で知った数少ない(何度もお詫びしますが、本当にすみません。クロアチアチームのことでいっぱいいっぱいだったんです!)日本選手の方です。他に存じていたのは、好セーブを連発しクロアチアチームの選手の間でも話題になっていたGKの橋本選手、同じくGKの坪根選手(何故か名前を覚えていました。とても若い子だったからかも・・・)、中山選手(大会パンフの表紙に写真が載っていらしたからだと思います。もしくは当時あわてて購入した月刊ハンドボールの表紙だったかも)、そして岩本選手でした。え、4名だけ?・・・他の選手の方々、本当にごめんなさい。
 岩本選手の名前を覚えたのは、テレビへの露出度が高かったからでした。熊本県出身ですよね、そのことはすごくよく覚えています。当時からモデルばりのイケメン・・・いや、当時イケメンなんて言葉はなかった!しょうゆ顔とか、そんな表現でルックスもプレーも絶賛されていたはずです。
 世界選手権が終了してしばらくしてから、ある局で特集が放映されました。私は熊本出身ではなく県外(愛知)からボランティアに来たということで珍しい存在だったらしく、その番組の取材やインタビューを大会中に受けていました。県外からでは見れないからと、テレビ局の方が録画して送付してくださったビデオテープは大事な宝物(優しい心遣い、感謝しています)。特集の中でも岩本選手は多く出ていました。
 今も昔もとてもcool な方・・・こうした偉業を成し遂げるオーラは、あの頃から見えていたように思います。次は1111本、1234本・・・さらなる飛躍を期待しつつ、再度ですが、本当に本当におめでとうございます。
posted by yuki at 01:00| Comment(2) | TrackBack(0) | Handball - Japan | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月20日

 欧州組の試合結果 06/07-10

<早船愛子選手所属のチーム デンマーク女子1部
  10月18日 ホルステブロ 23-32 イカスト

<山田永子選手所属のチーム ノルウェー女子1部
  10月18日 ベッケラゲット 16-31(8-18) ビョーセン

<金城晶子選手所属のチーム ドイツブンデスリーガ女子1部
  10月18日(弟9節) フランクフルト 24-25 (11-11) オルデンブルグ

<河田浩貴選手所属のチーム ドイツブンデスリーガ男子2部・南地区
  10月18日(弟76節) デーリッチュ 25-25 (13-13) ベルギッシャー

 21日と22日に試合のある方々が多いです。皆さん、Good luck!です♪
posted by yuki at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | Handball - EU Results | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月21日

 Anti-Doping! 競走馬

 10月4日に話題にしたドーピング。先日、ディープインパクトの件を知って声をあげました。時間が経つにつれ、少しずつ真相が明らかになってきているようですが、本当に残念なこと・・・。競馬はしませんが、以前住んでいた街では乗馬が盛んで普通に(お金のあまりかからない)スポーツとしてできたので、道路や海辺で歩く&走る姿をよく見かけました。だから馬にはとても親しみがあります。
 ディープインパクトの件で思い出したのは、リンクをはらせていただいている三菱化学ビーシーエルの『「ドーピング」とは何か?』というページに載っていた以下の内容・・・
「ドーピング(doping)」の原語である「ドープ(dope)」の語源は、アフリカ東南部の原住民カフィール族が祭礼や戦いの際に飲む強いお酒"dop"とされています。これが後に「興奮性飲料」の意味に転化し、さらに「麻薬」という意味でも用いられるようになりました。

英語の辞書に「ドープ」が初めて載ったのは1889年のことで、「競走馬に与えられるアヘンと麻薬の混合物」と説明されています。つまり、この当時のドーピングの対象はヒトではなく、ウマでした。

 私が"dope"という単語を意識して知ったのは受験勉強期。単語集の中に出てきて、最初「え?こんな単語今まで見たことない!」と思ったのです(その単語集は見たことない単語ばっかりで本当に覚えなくちゃいけないのか疑問を抱いていました・・・)が、解説にdopingが載っていたので「あ、なるほど!」と理解したものでした。当然当時、上記のような細かい内容までは知らなかったのですが・・・。 

 三菱化学ビーシーエルのホームページは、アスリートや関係者の方々だけでなく一般の方々が読んでも、とても興味深く参考になるものです。専門的な知識を得る場合も、また一般的な事項を知る場合も、読みやすくわかりやすい文章で書かれています。 
 さらにJADAのホームページ、トップには『リレートーク』へのリンクが掲載されています。こちらはドーピング検査について、アスリートの方々の視点からそのままの言葉で記されており、ドーピング検査の実際の場はどんな様子かが伺えます。
 関心のある方は、是非ご一読ください。
posted by yuki at 09:46| Comment(0) | TrackBack(0) | Wanna Support Sport | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月24日

 欧州組の試合結果 06/07-11

<田中麻美選手所属のチーム ドイツブンデスリーガ女子1部
  10月21日(弟6節) ギェッピンゲン ☆23 - 22(15-9) オルデンブルグ

<谷口久代選手所属のチーム ドイツブンデスリーガ女子1部
  10月21日(弟9節) ドルトムント 19 - 24(8-9) ケッシュ

<内林絵美選手所属のチーム ドイツブンデスリーガ女子2部・南地区
  10月21日(弟7節) リーザ ☆33 - 26 (15-10) エシュバッハ

<浅井友可里選手所属のチーム ノルウェー女子2部
  10月22日 ストールハーマル ☆23 - 22 (10-11) Njard

<吉田耕平選手所属のチーム エストニアリーグ
  10月22日 チョコレートボーイズ ☆30 - 22(18-9) HC Tallas

<Regionalliga・ドイツ3部:結果はこちら
 『HSG Wolfen 2000』 名倉幸次郎選手所属

<Oberliga・ドイツ4部:ザクセン地方結果はこちら
 『ESV Lok Pirna』 櫛田亮介選手所属
 『SG Motor Gohlis-Nord Leipzig』 石黒将之選手所属

 内林選手は今季初勝利、おめでとうございます!(明日の記事につづく・・・♪)
 植松選手の第8節の試合は来年3月10日に持ち越され、河田選手の第8節の試合は公式に何も記載されておらずです。うーん、今回はどうなったのでしょう(6節と8節の試合がなくなっているのです・・・)。
 日本はかなり寒くなってきました。欧州(特に選手の方々がいらっしゃる地域)は寒いと思います。くれぐれも風邪をひかないようになさってくださいね。
posted by yuki at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | Handball - EU Results | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月25日

 内林選手!@ Riesa

 10月23日付けの内林選手のブログでは、初勝利の喜び溢れる報告が綴られています。是非読んでいただくという方向で♪(もうこの言い方は流行っていないのかな・・・)
 今回は内林選手のいらっしゃるRiesaはどこかしら、ということで、こちらです。

Riesa-1.bmp
 ↑ドイツ全体図から。そして↓ズームイン!あら、やっぱりドレスデンの近くです。
Riesa-2.bmp

 青い○印みたいなマークが該当場所です。櫛田選手のいらっしゃるピルナからドレスデンを抜けて反対方向という感じでしょうか。ライプツィヒにも近いですね。内陸部なので、冬は寒そう・・・でも内林選手の防寒はばっちりですね(ブログの写真参照です)♪
posted by yuki at 02:19| Comment(4) | TrackBack(0) | Handball - EU | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月26日

 欧州組の試合結果 06/07-12

<植松伸之介選手所属のチーム ドイツブンデスリーガ男子2部・南地区
  10月21日(弟27節) アウェ ☆34 - 27 (17-15) ビッテンフェルド

 植松選手の試合、対戦相手は一緒だけれど当初の試合予定会場(ホーム戦とアウェイ戦)が入れ替わったので、節の数が飛びました。本来27節の試合(アウェのホーム戦)が繰り上がり、今回の8節の試合が3月10日に行われるという形式のようです♪
posted by yuki at 02:06| Comment(0) | TrackBack(0) | Handball - EU Results | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月28日

 日本トップリーグ連携機構

 新しくリンクに追加しました、日本トップリーグ連携機構(Japan Top League)のホームページ。
 以前、調べたときにはこのURLを見つけられなかったのですが・・・昨日の記事でふと思い出して調べてみたら、なんとまあ、すっかり出来上がっているではありませんか(単に私が気付かなかっただけ?)!構成もわかりやすくできていて、私がここで説明するより、是非ご覧になっていただきたいです♪

<追記>他リーグなのですがアジアリーグアイスホッケーをクリックすると、試合映像をYahoo!動画で無料配信開始というお知らせがあり、リンク先に飛ぶことができます(名指しですみません、オヤジファンさん、既にご存知かしら・・・)。

<さらに追記>トップページ右側「Column」に『スポーツマネージメント最前線』という欄があります。リンク先には専門家の方々が記された興味深い文章があります。(やはり名指しですみません、sukeさん、OK-5さん、最近話題になさっていたチーム運営に関して触れられていますので・・・・)参考までに♪
posted by yuki at 23:41| Comment(2) | TrackBack(0) | Wanna Support Sport | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。