2006年08月08日

 Hrvatska & Rukomet 5

 日本協会IHFニュース8月5日号に掲載されていますが、2009年世界選手権の男子会場がクロアチアに決定しました。女子は中国です。

 今回のザグレブ訪問でクロアチアの新しいハンドボール情報として、嬉しいニュースと寂しいニュースをひとつずつ得ていました。
 嬉しい方が、2009年の世界選手権会場(私のザグレブ滞在時は最終決定がされていない段階)になるかもしれないということで、そうなった折には絶対にクロアチアに来るんだよ、と言われていました。
 そしてもうひとつの寂しいニュースは、ジョンバが北京五輪後にクロアチア代表を退く、ということ。
 チューリッヒでの彼の話しぶりで、何となくそんな気持ちを抱いてるのではという印象を受けたのですが、現地のスポーツ誌にも公表していました。本人が明らかにしているので問題がないと思い、ここに記します。本当に残念だけれど、だからこそ彼には北京に行って有終の美を飾って欲しい。そう願うばかりです。

 また別の話題ですが、たなかぁさんからの情報(いつも本当にありがとうございます)で、「北京プロジェクト」なるものに、クロアチアの名前があがっていました。頂いたURLは以下の通りです。

http://www.nikkansports.com/sports/p-sp-tp0-20060804-70475.html
 
 来年ドイツで行われる世界選手権に優勝した国は、五輪予選の心配がなくなるので、このプロジェクトに参加してくれる可能性は大ですね。是非とも世界選手権でクロアチアに優勝してもらって、日本に来てもらいたいです。1月、ドイツに応援に行きたいな・・・。
posted by yuki at 01:19| Comment(0) | TrackBack(0) | HRVATSKA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月09日

 Be in Beijing 2008 #1

pictogram.JPG さて、オリンピック開催予定日まで2年をきりました。
 北京五輪についての話題を綴る今回のタイトル、英語としてはあまりいい表現とは言えないような気がするのですが、語呂がいいということで、お見逃しください。
 
 左上(画像上でクリックしてみてください♪)は先日発表された北京五輪の公式pictogram(絵文字)で、ハンドボールのものです。いかにも中国の雰囲気が出ています。他の競技にも関心がある方はこちらへどうぞ

 北京五輪のリンクの方も公式ページに切り替えました。よかったら時折ご覧になってみてください。五輪に向けての動きが着々と進んでいることが伺えます。開催期間に行われる実際の競技を目にすることとはまた別の・・・五輪の舞台裏側を、ほんの少しだけ垣間見ることができます♪
posted by yuki at 02:50| Comment(0) | TrackBack(0) | World Championship & Olympic | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月10日

 ルールのある戦い 〜前編〜

 昨日8月9日が長崎・原爆投下の日(その3日前8月6日は広島・原爆投下の日)であったことをリンクさせていただいている『ラジオバカイチダイ』8月9日の記事を読んで思い出しました。4日および1日遅れの黙祷をささげたところです。

 父母が幼少期に戦争を経験した、自分自身は「戦争を知らない子供たち」世代の人間。けれども、年に1度やってくる8月のこの時期に、戦争と平和について考え、そして子供たちに伝えていく必要があることを再認識します。この時期だけでなく戦争を思い起こさせるものにふれたとき、その場で時間の許す限り、その事柄に関する自分の記憶を蘇らせるようにしています。

 以前ふれた「死亡確認」について、書き記したいと思います。
 クロアチア出身の親友の親友、彼女もやはりクロアチア人。その2年前の同じ時期に来日した2人と知り合ったのですが、彼女は自分の家族の話しをしてくれながら、お父さんは行方不明と私に告げました。独立戦争時に従軍したお父さんは、とある戦地で行方不明になったのだそうです。当然ですが、彼女はどこかでお父さんは生きているという希望を持っていました。
 が、ある日突然、死亡確認の知らせが彼女の家に。行方不明になった戦地で、お父さんの確認がとれたという連絡でした・・・。
 「基本的に真実は真実として明らかであるべきだと思っている。けれど・・・真実を知ることが必ずしもいいことかどうか、わからないときってあるね。嘘も時折そう。ついたほうがいい嘘だってある」
 親友と紅茶を飲みながら、話しをした秋の夜。戦争を知らない、恵まれた立場であることを改めて感じさせるような、穏やかな時間でした。

 今すやすやと眠る私の天使たちのために、この平和が続きますように
 欲張って、世界から戦争がなくなりますように
 願わくば、この世界での戦争は、スポーツの中だけで行われますように・・・

 もう一度祈りを捧げます。やっぱり最後は神頼みです。
posted by yuki at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | Essay | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月11日

 ルールのある戦い 〜後編〜

 私はスポーツを「ルールのある戦い」と捉えています。
 あまり使いたくない言葉ではありますが、国際試合の場合、両国の関係如何によっては「ルールのある戦争」、そんな雰囲気すら感じ取れることもあります。クロアチア人の親友が対ユーゴ等の試合の話しをしてくれたことも、その印象を強くしたのかもしれません。彼女にしてみたら、ユーゴは彼女の親友の父親が命を落とすことになった戦争の敵国でもあり・・・「闘争心が普通の試合と全く違ってくる」と言っていたこともありました。そのような国に対してだけでなくても、勝負する・戦う・勝つということへの執念や意識の強さは、彼女と一緒にプレーしていた日本人選手たちも「何かが違う」と感じていたようです。彼女のプロ意識か、民族性なのか、育った環境と背景から来るものなのか・・・要因を定めることはできませんが、私自身が目の前で彼女の勝負強さを何度も見ていて、明らかに日本人選手と異なる何かがあったことは断言できます。

 話しは変わりますが、韓国には、軍隊の制度があります。
 実際に私が軍隊を経験した人の話しを聞いたことはありません。けれども、韓国語の教科書の題材として出てくる重要な事項であることは知っています。「軍隊を経て韓国の男子は大人になる」と言われており、20を過ぎた若く貴重な2年間を軍隊の生活に費やさなければなりません。
 しかし、兵役法施行令弟49条1項の4、5号の中で五輪及び世界選手権(3位以上)とアジア競技大会(1位)の入賞者にいわゆる兵役免除が与えられることになっています。
 軍隊へは20になったらすぐに行かなければならないという訳ではありません。
 だからと言って、スポーツでいい成績をあげて免除を得る望みがあるために、入隊をなるべく先延ばしにすることができるかどうかはわかりませんが、いずれにしても、軍隊の制度は精神面に強い影響を及ぼすものであると考えます。
 
 軍隊を経た者の強さ
 軍隊の免除の資格がある大会を戦う強さ

 アジア大会を戦う男性選手は、いずれかを持ち合わせていることになります。
 私は決して兵役免除のために韓国の選手の方々が戦っているとは思っていません。寧ろ純粋にハンドボールの試合に臨んでいると思っています。ただ、そういう背景も存在しているということを、特に国際試合を戦う日本の選手の方々にお伝えしておきたいのです(既にご存知の方も多いかもしれませんが・・・)。
posted by yuki at 11:45| Comment(0) | TrackBack(0) | Essay | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月17日

 欧州の歩き方@(続くかな?)

 今日、Tomoさんが旅立ちました。
 17日(金)ってブログに書いてあって「あれ?17日(木)じゃあ・・・。ま、夏休みは曜日関係ないし♪」と思わず微笑んでしまいました。今頃は機中の人(?)かな。機内食、楽しんでいるかしら。
 
 欧州を歩くTomoさん、Shinさん、Kawadaさん、Kushidaさん(は近い将来?)、Yoshida Family・・・まだ見知らぬ、でも欧州方面に旅する方々、世界選手権に行くだろう方々に(バカンスシーズンも終わりに近づいていてタイミングをはずしちゃった感が大有りだけれど)、便利なホームページを以前のものに加えて、だだっと記します。

続きはこちらです
posted by yuki at 11:59| Comment(0) | TrackBack(0) | Something Good | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月19日

 サーバーもバカンス中♪

 原因不明ですが(サーバー不安定?)、書き上げた記事に画像がアップできず、更新が停滞中・・・今後2回は画像入りでザグレブでのお話しを予定しています♪
posted by yuki at 02:05| Comment(0) | TrackBack(0) | Information | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月20日

 For 37 years absence

 Standing Ovation!試合終了後、立ち上がった観客たち。私もその場にいて、手が腫れ上がらんばかりの拍手を送りたかったです。そう、甲子園球場で。
 
 37年ぶりの決勝戦引き分け再試合。肩は大丈夫かなって思ってしまうけれど、二人の投手の言葉は「もう一試合できるのはうれしい」。そんな心配無用な元気さ(でもやっぱり心配・・・)。両チームとも健闘を祈ります!!

<え!の追記>試合開始は21日13時!もっと涼しい時間帯にできないのかな・・・。
posted by yuki at 11:39| Comment(0) | TrackBack(0) | Wanna Support Sport | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月21日

 『最大の応援団』

 駒大、そして甲子園で戦った全てのチームに強くしてもらった・・・

 優勝インタビューで、自分はチームの最大の応援団と表現して選手たちを称え、他のチームへの感謝の意を表した早実の和泉監督。こういう言葉を発することのできる監督に、ああ、甲子園で決勝を戦うチームを率いる方なのだ・・・その人柄を察し、ただ肯くばかり。

 9回表ノーアウト。中沢選手のツーランで4対3につめよった駒大。
 何かをつぶやき一呼吸おいて、次の選手に斎藤選手が投げた投球の速度は146km。スコアボートの表示を見たのであろう、観客席からどよめきがおこった。それから連続して2選手からアウトをとった。
 9回表のツーアウト、バッターボックスに立ったのは田中投手だった。
 ファールで粘る田中選手。捕手からのサインに斎藤投手は何度も首をふって、自分の投げる球を選んでいた。そして最後の一球。勝負がついた瞬間、田中選手は微笑みなのかわからない、ふっとした表情をした。本人のみぞ知る胸のうちだけれど、清々しい横顔だった。
 試合の最後まで表情を崩すことのなかった早実の斎藤投手。校歌を歌い終えた頃、氷が解けるかのように、張りつめていた表情が少しずつ解けていた。応援席に挨拶をし、クールダウンのキャッチボールをしているとき、彼の目からは涙が溢れていた。
 早実のナインは、病床の王監督へよい薬になれたらと、思っていたという。先輩である王選手の存在に今まで励まされてきた、その恩返しがしたいと・・・。

 満員の甲子園球場。応援していた方々、関係者の方々、運営を支えた方々、チームの選手・スタッフ、大会に関わった全ての皆さんに、心からのお疲れさまを。
 開会式で森選手が発した宣誓の言葉どおり、日本中が熱くなっただろう、88回大会が終った。
posted by yuki at 15:45| Comment(0) | TrackBack(0) | Wanna Support Sport | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月25日

 ブログ移転について

 ブログを移転いたしました。新しいブログがこちらです♪
 デザイン等は一新しましたが、内容は全く変わりませんので、引き続き読んでいただけたら幸いです。

 リンクをはっていただいている方には、変更等のお手数をおかけしてしまい大変申し訳ありませんが、今後とも変わらぬお付き合いをよろしくお願いいたします。

 8月25日は私にはとても思い出深い日であることから、移転を今日にしました。

 1817年前・・・1年間のアメリカ留学に出発しました。
 その日の記憶は今も鮮明に蘇ります。高校の登校日だったため、クラスの皆に別れを告げることができて、その足でT-CAT(東京シティエアターミナル)に向かったこと。途中の駅で待ち伏せしてくれていた友人たち。私を驚かせようと思っていた、けれどある理由から、私以上に驚いていたのはその友人達でした。
 
 あの日の私がいるから、今の私がいる。
 
 毎年、そう思う日です。それから、自分を見つめなおす日。
 私にとっては元旦よりも、ずっと深い意味を持つ日。
 
 留学への出発から1年が経ち・・・帰国してから、私は非常に苦しむことになりました。けれど、苦しんだその中で次の目標を見出したことが今の自分の基盤になっています。 
 あの頃と変わらないくらいの成長をしたのか・・・今回は肯ける、1年だったと思います。
posted by yuki at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Information | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月26日

 Hrvatska & Rukomet 6

 以前吉田選手のブログで紹介されていましたが、エストニアのタリンで行われていた欧州選手権U18で、クロアチアが優勝しました(2位はデンマーク、3位はスウェーデン)。次の世代にも強さが引き継がれていることが伺えます。若い選手の活躍を知ると、思い出すのが協会のホームページに掲載されるサマーキャンプの写真。
 クロアチアではハンドシーズンの終了を待った(ナショナルチームの面々は欧州各国で活躍しているため)6月下旬から数日間、スポンサー会社のひとつであるTELE2と協会が主催するTELE2キャンプが開催されます。選手たちはキャンプ地を訪問し、指導にあたりながら交流を深めます。若い選手たちにとって、ナショナルチームの選手たちと身近に触れ合えることは、夢や目標を見出せるかけがえのない経験となることでしょう。
 
LEDO.JPG スポンサーの話題でもうひとつ。
 クロアチアでは資金調達のためにナショナルチームの選手が積極的に動いているということを聞きました。知名度も高く、国民的スターであるからこそ、なせる業。スポンサー会社ledoのアイスクリームのお店の写真がこちら左。
 そして噂に聞いていたCMの動画がホームページにありました!!ご覧になる方法は少しややこしいので、後日記したいと思います。

market.JPG 最後に右の写真はクロアチアの青果市場です。オイローパさんも以前訪れたことがあったとのことで、偶然ですが、私がザグレブを訪問する数日前にブログで市場の写真を掲載してくださっていました(こちら)。オイローパさんが撮影されたものと近いアングルで私も撮っていましたので、比較してみてください。土曜のお昼前、とても繁盛していました♪
posted by yuki at 01:39| Comment(2) | TrackBack(0) | HRVATSKA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月27日

 Hrvatska & Rukomet 7

 先日ふれました、クロアチアナショナルチームのスポンサーledoのCM・ハンドボールバージョンを見る方法をお伝えしたいと思います。
  1. ledoのお楽しみページ(←)にアクセスしますledo-CM.bmp
  2. [TV REKLAME]をクリックします
  3. 表示された画面のフィルム部分にカーソルを当てます
  4. フィルム部分の[grandissimo]にカーソルを当てクリックします(右の写真参照)
  5. [□ 512k]を(なるべく)選び、□部分をクリックします
 いかがでしたでしょうか♪
posted by yuki at 01:51| Comment(0) | TrackBack(0) | HRVATSKA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月31日

 Hrvatska & Nogomet -WC98- 3

 クロアチア繋がりの友人である長束さんとのリンクを記念して、久しぶりにサッカーの話題を。よく考えたら、前回は8年前で話題が止まっているんですね、サッカーで書きたいこともたくさんあるのに・・・!
 
 8年前のフランスワールドカップ、日本対クロアチア戦翌日。
 トラムに乗ると、乗客はみんな応援歌&勝利歌の大合唱状態。何もなくても、ザグレブ市内中心部のカフェは人がたくさんいるのですが、その日はもう人だらけ。想像していた通り、「よ、昨日はありがとう!」「日本も善戦したよ、でもクロアチアが上だったな!!」等々、私に言葉を投げかけてきます。“ふ、やっぱりそうきたわねー”、用意していた答え「どういたしまして!クロアチアは最高ね!!」と言い続ける私でした。
 
 数日後、決勝トーナメント3位決定、クロアチア対オランダ戦。
 週末を利用して親友の別荘があるシベニックにいました。彼女と彼女の家族で、テレビ観戦をしていたのですが、1点あげるごとに彼女のお父さんはビール一気飲み。隣の棟からは、なんと猟用の銃を持ち出した彼女のお祖父さんが発砲(安全な方向にです)!街からはのろしがあがる・・・。勝利が決まった瞬間、彼女と抱き合って大喜び。そして「行くわよ!」の一声。
 そう、市の中心部へ行くのです、勝利を分かち合うために。記憶では出発したのは夜11時過ぎていたような。でも、どこの店も開いてる開いてる!街に向かう途中、車は祝いの合図でクラクションを鳴らしまくるし、若者たちは国旗を掲げたり身に着けたりして、大声を上げているし、興奮のるつぼ状態です。皆考えることは一緒、市内へ向かうため街中は交通渋滞。普段よりも随分と遠いところに駐車してカフェへと向かいました。その後3時間くらいは、お茶していたかな。
 
 とにかく国全体が応援している、と肌で感じました。そして勝ったら国全体が喜んでる。もう嬉しくって仕方ないって感じです。だから・・・負けると暴徒のようになるのでしょうね。勝って喜ぶ楽しさを奪われたって気持ちもあるのかもしれないです(わかりませんが)。
 あの空気に浸れたことは、私にとって人生でかけがえのない出来事のひとつで、クロアチアで過ごしたあるひと夏の、素晴らしい思い出です。
 
-----------------------------------------------------------------------------------
 次回、WC98最後の話題は、人生でワースト10に入る失敗(?)のお話しです・・・ 。
posted by yuki at 01:34| Comment(0) | TrackBack(0) | HRVATSKA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。